雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2人用正体隠蔽ゲーム『黄昏の辻』の感想


f:id:sinden:20181006163848j:plain
 やづ屋さんのゲームマーケット2017春の新作『黄昏の辻』を遊びました。
 世にも珍しい、2人専用の、正体隠蔽系のカードゲームです。


 黄昏時の辻道で、出会ってしまった2人の妖怪が、自らの正体を隠しながら、相手の正体を見抜こうとします。
 実際には、ゲーム開始時に3枚のカードを手札として持ち、これらのカードの能力を用いながら、相手のカードを推理していきます
 各カードを用いるときは、その技名を発声するのですが、技によっては複数種類の妖怪が使用可能なので、技名を伝えても特定には至りませんが、より強力な、一手で相手のカードのひとつを特定しかねない技は、扱える妖怪が1種類しかなかったりして、その技を使った瞬間に、手札がひとつバレることになります。


f:id:sinden:20181006164045j:plain


 なるべく自分の手札を隠しながら、相手の手札を推察したいところですが、より多くの妖怪が扱える、弱い技はいくら使っていても、なかなか相手の手札が透けてきません。
 ときには肉を切らせて骨を断つ想いで、技を使っていく必要があります


f:id:sinden:20181006164214j:plain


 冒頭に、世にも珍しいと書きましたが、あんまり見ないタイプのデザインだと感じました。やっていることは『あやつり人形』における暗殺者みたいな感じですが、そこに各種特殊能力を組み合わせて、奥深いゲームにしている印象です。
 面白かったです


これ、面白かったよ! 能力がほどよく違ってて、特定できるようでできないんだよね。強い能力を使ったらバレちゃうし。かと言って、弱い能力を使っていたら、いつまでたっても特定できないし。何回か遊んだら、妖怪ごとの強さ弱さが分かってきて、良かったよ。なんだっけなあ、1枚だけ、怖いイラストがあったよね。ぺこ、あのカード嫌いだったよ。全体的に、おどろおどろしかったけどさ、あの1枚だけ怖かったんだよ

語るねえ。気に入ったんだ

ふつう

ふつうか……

世界観とカードの雰囲気があってて、いい雰囲気だなあと思ったよ