雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

FGOプレイ日記『バトルインニューヨーク』(ネタバレあり)


f:id:sinden:20181009214556p:plain
 箱開けお疲れ様でした。
 まじめにFGOを始めてから、初めてのネロ祭! ということで、意気揚々とアップデートを終えてゲームを立ち上げたところ『バトルインニューヨーク2018』……!
 って、ギル祭じゃねえか!!

当選! してない!!

f:id:sinden:20181009214625p:plain
 なんですかね、この、のっけから残念感を覚えざるをえない、ネロ・クラウディウスの満面の笑み……!
 これから、起こりうる悲劇を想像すると苦しい!
 胸が苦しい!
 やめて!
 もう、やめてあげて!
 ネロはただでさえ頭痛持ちなの! これ以上、彼女を苦しませないで……!


f:id:sinden:20181009214645p:plain


 とか、なんとか勝手に思っていたら、なんですかね、この超絶プラス思考。
 祭りが奪われたというのに、ぜんぜんくじけていないと言うか、100%前向き。
 いやあ。
 やっぱり、この姿勢が、ネロの良いところですよね。

祭りの終わり

f:id:sinden:20181009214853p:plain
 と言うわけで、始まったと思ったギル祭ですが、けっこう、さっくりと終わりました。
 これ、ストーリー皆無で、バトルメインのイベントだったのですね。
 個人的には、ずっとずっとずーっと周回していただけで、正直、あんまり祭感は……なかったですね。

成果

f:id:sinden:20181009214954p:plain
 スクリーンショットに失敗して、なんか変な感じですが、この後、もう少しがんばって40箱目を開け終えたところでフィニッシュ
 ちなみに、高難易度クエストですが、1戦目の「おむすびチェーン」しかクリアしていません。「フレイムゲート」と「摩天楼の怪人」それぞれ初見無防備に突撃して、あっけなく敗退し、攻略サイトを見てから2~3回ほど試してみましたが、うまくクリアできなくて、


高難易度のために試行錯誤する時間があったら、周回すべきでは?


 という結論に対し、以後「おいでよジャガーの国」から先は、挑戦すらしていません。
 終わった後に知ったのですが「フィナーレ」だけは、ちゃんとこなすべきでしたね。伝承結晶は、少し時間を割いてでも努力する価値がありました……。


 ちなみに、40箱開けた率直な感想としては、


思っていたほど少ない


 です、申し訳ないですけれど。
 なんか、Twitter上や、様々なサイトで、ネロ祭ってめちゃくちゃ持ち上げられていて、これを全力でやれば、


・凸カルデア・ランチタイムの完成
・凸モナ・リザの完成
・凸風雅たれの完成
・全サーヴァントの最終再臨完了
・全サーヴァントのスキルレベル4到達


 これくらい行けたりするのでは、と勝手に夢を見ていたのです。
 ええ、夢でした
 なんか、途中でおかしいなあと思ったんですよね。
 10箱くらい開けた時点で、あれ、思っていたのと違うなーと。
 そこから、少しずつテンションが落ちていって、でも、そこそこに走り続け、最終的に40箱でフィニッシュでした。

終わりに

 周回速度は、もっともっと向上の余地があるなと感じました。
 速度を上げるにはカレイドスコープですが、効率を上げるには概念礼装なわけで、なんとなく効率を重視し、速度を減じさせてしまいました。今にして思うと、リンゴを余らせても仕方がないので、もう少し盛っても良かったかなあ、とか。難しいものですね。
 まあ、次の箱開け系イベントに向けて、戦力の増強をがんばります。
 今日は、そんなところで。