雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

エリザベス姫からの招待状『Invitation from Princess Elizabeth』の感想


f:id:sinden:20181010104443j:plain
 2018年10月7日と8日に開催された、ナゾガク2018で遊んだ、マスタッシュさんの『Invitation from Princess Elizabeth』の感想です。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

ある日のことでした。かのエリザベス姫から会食の招待状が届き、直々にお誘いを受けたあなた。意気揚々とお屋敷へ向かいました。屋敷に受け入れてくれたのは、マスタッシュ家メイド。しかし、何かがおかしい…そう、何かが。

https://nazogaku.wixsite.com/nazogaku5th/mustache

感想

 マスタッシュのナガノさんは、好きなデザイナさんです。
 謎のひとつひとつが良いというより、全体での物語感と言うか、体験という意味で、ひとつの完成された物語世界を作り出されるのが好きです
 この公演『Invitation from Princess Elizabeth』は、首尾よく予約が取れた公演のひとつです。


 秋山が参加したのは2日目でしたが、1日目終了の時点で、Twitterでいくらか不穏な感想を見ていて、しかし、個人的にはテンションが上がっていました。だって、誰もが満足する、リアル謎解きゲームのお手本のようなゲームは、ナゾガクには相応しくないですもの。
 むしろ「賛否両論上等! これがオレの考える最強の謎だ!」くらいの尖りを出してほしいくらいです。


 そんなわけで、意気揚々と臨んだわけですが、


勝ったな


 開始5秒で得意系であることに気づき、内心喝采でした。
 なるほど、これは得手不得手、向き不向きがあるかもしれないけれど、少なくともこの秋山がいる限り、このチームを脱出成功に導けるな、そう確信しました。


……が、実際には、苦戦も苦戦。
 可愛らしいメイドさんからヒントを貰いまくって、命からがら成功という結果でした。いやはや、お恥ずかしい限り。
 いやあ、しかし勉強になりました。
 謎解きを経て勉強になることっていっぱいありますけれど、世の中には、まだまだ知らないことがいっぱいありますね。


 構造というか、設定的には、昨年以前にナゾガクで遊んだある公演と被っていたのですが、必然性というか、設定と世界観がより有機的に連結していたのは、こちらの公演です。
 もっとも遊んでいる最中は、まったく気づかず、終了後にメイドさんに教えてもらって、はじめて気がついたわけですが。


 ちなみに冒頭の写真は、1日目の午前中に撮影したものです。
 マスタッシュさんのナゾガク公演は、遊んだひとがポスターにコメントを残すというのがありますが、こういう寄せ書き、良いですよね。こちらは、2日目の午前中に撮影したもの。


f:id:sinden:20181010104919j:plain


 ほんとうは、2日目の夜に最後の1枚を撮影予定だったのですが、うっかり忘れてしまいました。てへぺろ。


後半はがんばったよ!

あの、中盤の謎が、いちばん時間とられたよね。もう詰んだと思った。よく気づいたね

メイドさん、可愛かったね

今回の公演は、キャストのメイドさんがいて完成する感じだったね

ポスターの寄せ書きもいいよね。前回からだっけ。いいと思う

合わせて読みたい

 ナゾガク2018関連の記事は、こちらにまとめました。
 よろしければ、ぜひ、他の記事も読んでください。