雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

伝承を呼び覚まし、七本の剣にして戦え『Blade Rondo』の感想


f:id:sinden:20181006170414j:plain
 DOMINAさんのゲームマーケット2018春の新作『Blade Rondo』を遊びました。
 15枚のカードから7枚のカードを選び、デッキとして戦う2人用のカードゲームです。


 けっこう好みです
 面白かったです。DOMINAさんのゲームは、今まで『Pralaya』がいちばん好きでしたが、それを越えました。
 と、思ったら、今、気が付きましたが、ポーンさんのデザインだったんですね。
 そりゃ、面白いわけですわ。


f:id:sinden:20181006170523j:plain


 ゲームは冒頭に記載した通り、2人用の対戦型カードゲームです。
 最近のゲームでは、BakaFireさんの『桜降る代に決闘を』や、上杉さんの『Twelve Heroes』に近しいデザインです。
 考えてみれば、このお三方は『ゴリティア』の3人でもあるので、なんだか感じ入るものがありますね。


 さて、ゲームについて。
 まずストーリーが良いですよ。
 あらすじを聞いたときは、てっきり擬人化されたレーヴァテインや草薙剣、エクスカリバーを使えるのだと思いましたが、オリジナルのキャラクタたちでした。この時点で、好印象ですよね。
 コストの考え方や、ちょっと暗めのアートワークも、ストーリーに合っていて素敵です。


 ゲーム展開が早いのも良いですね。
 切れ味があります。
 無駄なものを、さっくりと削ぎ落とし、TCG的なところもあるんですが、それ以上にボードゲームだと感じました。どういう比喩かよく分かりませんけれど。


 けっこう面白かったので、もう少しやりこみたいなあ、という印象です。
 誰か付き合ってください。