雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

黒猫の後を追え『Tiny Church~忘れ去られた白い教会~』の感想


f:id:sinden:20181010150603j:plain
 2018年10月7日から8日に掛けて開催されたナゾガク2018の2日目に遊んだ、Tiny Kingdomさんの『Tiny Church~忘れ去られた白い教会~』の感想です。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

ストーリー

黒猫の後を追うようにしてたどり着いたのは、忘れ去られた白い教会だった――
これは、”あなた”の過去と現在をつなぐ、ちょっぴり不思議な物語。

https://nazogaku.wixsite.com/nazogaku5th/tinykingdom

感想

 黒猫のイラストが目を引く、かわいらしい予感のする公演でした。
 猫好きとして注目していましたが、朝はプレイ人数1~2人だったのが、昼過ぎには4人公演になっていたり、制限時間15分が20分になっていたりして、内心「この団体、大丈夫なのか??」と訝しんでいたのですが、ぺこらさんが「絶対、面白いよ! 遊ぼ!!」とおっしゃるので、「分かりました、遊びましょう」と頷いて、遊ぶことにしました。


 良かったです


 ストーリーが、ほとんど公開されていないので、あんまり書けませんが、物語要素が強めで、ラストはグッと来る系でした
 最初の小謎に別解があったり、一部の工程が飛ばせてしまえたり、厳密には答えを特定できないとか、細かいアレコレは、いろいろあるのですが、そういう何もかもを吹き飛ばすくらい、結末が良かったです。
 まあ、ずるいですよね。
 秋山は謎よりも物語体験重視派なので、物語で攻められたら、屈せざるをえません。


 ところで、つい先ほど知ったのですが、制作団体は筑波大駒場中高のメンバーだそうですね。思わずググってしまいましたが、正式名称は筑波大学附属駒場中・高等学校。ということは未成年、うひゃあ、素晴らしい限りです。
 いつまでも子どもの心を持った、面倒くさい大人ばかりがいるナゾガクに、出展側として参加する、その心意気に、敬意を表します。このことを知っていれば、いくらでもカンパしたのに。
 次に、公演に参加する機会があれば、可能な限り参加しようと心に決めたのであります。


2人から4人に変更したのは英断だったよ。なかなかできることじゃないでしょ。狭さもあんまり感じなかったよ、変えて良かったんじゃないかな

暑かったけどね

暑かった。あれは、場所が悪い。後はねー、猫かわいかったよ。猫よかった

珍しいね。犬派なのに

猫も好きだよ。猫がかわいいからやりたかったんだよ。謎もちゃんとできてたし

ちゃんとって言うか、ふつうによく出来たルーム型だったよ

うん、良かったよ

合わせて読みたい

 ナゾガク2018関連の記事は、こちらにまとめました。
 よろしければ、ぜひ、他の記事も読んでください。