雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

究極の謎の形『パズバコ』の感想


f:id:sinden:20181006180010j:plain
 リアル脱出ゲーム大パーティの際に、数量限定で再販されたので買っておいた『パズバコ』をようやく遊びました。
 遊んだ場所は、スパラクーア。そう、後楽園遊園地で開催されたポケモン脱出に挑む前夜のことです。今こそ、積んでしまっていた堺谷さんと足立さんの合作を崩すときだ! そう思ったわけです。


 プレイに要した時間は、ぴったり2時間
 週末の金曜日、温泉に浸かってすっきりして、気持ちよくクラフトビールを飲みながら、片手間に遊ぶものではなかったです。
 いやー、難しいこと、難しいこと。
 もっとライトに楽しめるものを選択すべきだったかもしれません。
 激烈に難しく、何度も頭を抱えてしまいました。でも先に遊んでしまっていた『パズバコ3』に比べると、ちょっとかんたんだったかな?


 感想としてはですね、めっちゃ良かったです
 ネタバレになってしまうので、あんまり言えませんが、敢えて言うと、パズバコマジパズバコ
 そう、マジでパズバコだったのです。
 遊んでないひとには、何がなんだかさっぱりかもしれませんが、そうとしか言えないのです。
 パズバコを解いていたと思ったら、パズバコだった!
 みたいな。
 ポルナレフの気分ですよ。
 後楽園遊園地でジョジョコラボが開催されたのは、昨年ですけどね。


 最後の驚愕と言うか、衝撃の度合いとしては『パズバコ3』の方が、上だったかもしれません。あちらは、一瞬、何が起こったのか理解できず、分かった瞬間に「奇跡だ……!」と叫びました。
 一方、こちらは「は? 意味が分からん。さっぱり分からん。何をさせようとしているの? ん、ん!? も、もしかして……!? す、すげぇ! パズバコだ……! パズバコは……パズバコだったんや!!」と、じわじわ来る感じでした。
 よく分からない感じで、すみませんね。


『パズバコ』は、もう入手できる機会が、そうとう限られていると思うので、次にチャンスがあったら速攻で押さえることをオススメします
 そして秋山は、積んでしまっている『パズバコ2』に、そろそろ着手することにします。


驚いた

あの発想はなかったね

最初は分からなかった。それで、ヒントを見たけれど、よく分からなかった

たまたまね。手を動かしているうちに分かったんだよね。あれ、頭のなかだけで組み立てようとすると、絶対にうまくいかないね

そうやね