雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

バッティングを制したものが勝つ『ブングス』の感想


f:id:sinden:20181006172807j:plain
 米光と抜群のゲームデザイナーズさんのゲームマーケット2018春の新作『ブングス』を遊びました。
 2~3人2~4人で遊べるシンプルなカードゲームです。


 ルールはかんたん、手札6枚のなかから任意の1枚を秘密裏に選んだ後「いっせーのーせ」で1枚をプレイします。そして、最も大きい数字を出したプレイヤが勝利します。
 ただし、バッティングしてしまった場合は自動的に負けとなり、残ったプレイヤが勝利します。
 また、いずれか1人のプレイヤが5のカードをプレイしている場合は、例外的に1が最強となり、1のカードを出しているプレイヤが(バッティングしていなければ)勝利します。


f:id:sinden:20181006172915j:plain


 プレイ済みのカードは、すべて公開することになるので、序盤が雲をつかむような状態ですが、進めば進むほどに霧が晴れていき、最後には詰め将棋のようになります。


 面白いとは感じますが、ちょっとシンプルに過ぎるかなという印象です。
 文具をモチーフにしたアートワークは、オサレです。


文房具でした

どんなコメントやねん