雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2人用アブストラクト『タテヨコトッパ!』の感想


f:id:sinden:20181006174324j:plain
 石膏粉末工房さんのゲームマーケット2018春の新作『タテヨコトッパ!』を遊びました。
 2人用アブストラクトゲームです。


 ルールは、かんたん。
 自分が持っている5つの駒、いずれかひとつを相手の陣地に送り込むことができれば勝利です。2人用アブストラクトでは、よくあるルールですね。
 特徴的なのは、駒の移動方法。
 縦もしくは横のいずれかの方向にのみ、飛車の動きができるのです
 当たり前ですが、相手の陣地に自分の駒を送りこむのには、駒を前進させる必要があるので、縦方向の動きが肝要となります。
 一方、横方向の動きは、攻めこんでくる相手の駒を妨害するのに使えるわけですね。


f:id:sinden:20181006174633j:plain


 このゲームを、面白くしているのは、駒の動きが可変であること
 つまり、最初から最後まで、一貫して縦方向/横方向にしか動けないわけではなく、その駒が、現在、置かれている場所によって、動ける先が決まってくるのです。


 ボードを兼ねている袋を見ていただければ分かりますが、盤面のデザインが矢印っぽくなってるじゃないですか。
 つまり、その方向にのみ移動できるわけですね。
 この制限がけっこう絶妙で、


「一直線に、相手の陣地に攻め込みたい。けど、相手の駒が邪魔だから、いったん立ち止まろう。……あっ! 横方向にしか移動できないマスに止まってしまった! これだと、相手の駒が避けてくれても、前進できない……!!」


 となるわけです。
 これがあるので、そもそも相手が攻めこめない状況を作り出すことができれば、自陣がガラガラでもなんとかなったりするのです。
 袋を縦方向にしたときと、横方向にしたときでは、初期のマス目が変わるので、同じルールのまま、何度か遊べるという仕組みも良いですね。
 面白かったです。


矢印がいっぱい書いてあって謎っぽかった

それ謎解き脳過ぎるでしょ

ちょっと、よく分からなかった。2人用アブストラクトって、よく分からないんだよね

まあ、苦手なひとは苦手かもしらん