雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

東京都吉祥寺の謎解きカフェめぐり『クマが珈琲を飲む理由』を遊んだひとの話を聞いた話


f:id:sinden:20181022004332j:plain
 2018年7月17日から、東京都吉祥寺で始まった、周遊型のリアル謎解きゲーム『クマが珈琲を飲む理由』を、ぺこらさんが遊びました。
 今日は、ぺこらさんの話を聞いて、その魅力をお届けします。


ねえねえ、あっきー。秋にオススメの謎解きっていうブログ書いてたじゃん

ああ、うん。書いたよ

そこに、これも入れてほしいな(ずいずい

なにそれ? えっ、クマじゃん! ブラックレーベルの! 遊んできたの!?

そーなのー! 遊んできたのー! こないだ、タカラッシュGPやったじゃない。あのときに貰ったチラシを見て、面白そうだなあって思ったの

そうだったの。で、どう? 面白かったの?

面白かったよう! このクマが泣けるんだよ!

クマ死ぬの?

ちっがうよ! 死なないよ、いや、死ぬかもしれないけど。ネタバレになっちゃうから、言えないでしょ!!

わかった。クマは死なないな。クマは

この謎解きは。カフェでキットを買えるんですよ。そして、吉祥寺のカフェを巡るのです。吉祥寺ってね、カフェ多いんだよ。おしゃれなカフェが多いの。もう行くところ、行くところ「え、なんなの、それ!?」っていう店名でびっくりするんだけど、行ってみると外観がおしゃれで、またびっくりするの

唐突に説明が始まった

謎解きのキットにもドリンクチケットがついてくるんだけど、そこで入ったカフェで頼んだティーラテが、めちゃめちゃ美味しくて、ついでにフレンチトーストも食べちゃった

あそう

美味しいから、謎を解きにいったひとは、頼んだ方がいいよ。カフェもね、楽しんでほしい。で、謎解きだけど、吉祥寺ってあんまり行ったことがないんだけれど、けっこうGoogleMapを駆使したら、迷わず歩けた。距離的には、そんなにめちゃめちゃ疲れるって感じじゃなかった。夏だったら暑いかもしれないけれど、今の時期なら気温も安定していて、過ごしやすいし、カフェをめぐるにはうってつけ。タカラッシュGPの10分の1しか歩かなかったくらいだよ、体感でね!

タカラッシュGPは、半端なく歩いたからね

謎もね、最初はさくさく。悩まなかった。でも、ラストはけっこう悩んだね。そして、なんと言っても活版。タカラッシュは、活版印刷が好きだよね。なんで、あんなに好きなの?

いいじゃない、活版。レトロ印刷さんに同人誌を印刷してもらうのが夢だよ

ところで、吉祥寺って、ちょっと遠いなって思うひともいるじゃない。そんなときは! デデン、都区内パス! 750円!!

なにそれ

南は蒲田、西は西荻窪、北は赤羽、東は葛西臨海公園まで、750円で乗り放題なのです!!

えっ、蒲田から? それ知らなかったわ。片道、375円以上するか、3回以上乗るなら、お得ってこと?

はい! ただし、西荻窪までだから、吉祥寺は範囲外なんだけれど、差額を払えば、お得だよ。是非、使ってね

さすが、ぺこらさん。電車に詳しい

乗り放題が好きなの

地下謎みたいな謎解きもいいよね。そう言えば、西武鉄道の謎解きもあったよね。コンビニナゾトキってやつ。あれも、ブラックレーベルだったかな

西武鉄道の、あの謎解きの範囲は乗り放題券ないよ

あ、ないんだ

まとめます!『クマが珈琲を飲む理由』泣けます、ひとりでも楽しめるけれど、カップルで遊んでも、友だちと遊んでも、誰とでも楽しめる! 読書の秋、カフェの秋、謎解きの秋! それをすべて満たす! 周遊健康法!!(ドーン

何それ

読書とカフェを楽しんで、謎解きもできて健康になれるよ! やったね!!

終わりに

 と言うわけで、今日は、秋山が、ではなくぺこらさんが遊んだ謎解きの感想でした。
 めちゃめちゃオススメらしいので、是非、遊んでみてください。
 ちなみに注意点は、プレイ時間が限られていること。カフェのラストオーダーが16時半、最終回答受付が17時半だそうです。肝心のプレイ時間ですが、ぺこらさんはカフェタイム込みで3時間ほどだったそうです。