雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ドイツのリアル謎解きゲーム常設店『ExitDoors』に挑戦してみた


f:id:sinden:20181025150312j:plain
 皆さん、こんにちは。
 ボードゲームが好きすぎて、ドイツにまで来てしまったけれど、そこで謎解きも好きであることを思い出して、リアル謎解きゲームの常設店に突撃してしまった秋山です。
 ドイツはデュッセルドルフで体験した『ExitDoors』について、早速、レポートさせていただきます。

場所

f:id:sinden:20181025150341j:plain
 場所はデュッセルドルフ中央駅から、徒歩5分
 アクセスは抜群です。
 中央通り沿いではありますが、オートロックの掛かったマンションの一室にあるので、入るのが少し大変かもしれません。


 秋山は予約していた時間の15分前に現地についたので、インターホンを鳴らそうとしたら、突然、後ろから「やあ、君たちが予約していた2人だね」と声を掛けられて、そのまま中に入れてくれました。
 運良く、問題なく入れましたが、1人しかいないスタッフさんが、近いところにいなければ、もっと入場に難儀したかもしれません。

ゲーム開始

 首尾よく入店した後、サービスだというドリンクとしてコーラを貰いました。
 それを飲みつつ、触ってはいけないマークがある場所は触ってはいけないだとか、ひと通りの注意事項を受けます。


 今までに体験したドイツのリアル謎解きゲーム常設店と同じく、この店舗も室内にはプレイヤだけが入り、スタッフは外で見守るというスタイルでした
 室内には監視カメラとおそらくはマイクがあり、それらで部屋の外から我々の状況を、見守ってくれている様子でした。
 ヒントは何回でも要求することができ、ヒントは渡されたトランシーバーを用いて求めるタイプでした。従って、身振り手振りによらない、言葉だけである程度は会話できないと、最悪、詰みかねない可能性もあるにはありました。

ゲームの感想

『Fiction Escape(仮想現実世界からの脱出)』と『Mr.Tesla(ニコラ・テスラの遺産)』の2つが遊べましたが、前者に挑戦し──57分で脱出成功! でした。
 ただし、ヒントは死ぬほど、それはもう死ぬほど、貰いました。
 どうでしょう。体感では3分の2くらいは自力で解きましたが、残りの3分の1くらいはヒントを貰いました。


 貰ったヒントの中には、貰った瞬間に「ヒントプリーズ」と言った直後に閃いたものもあれば、ヒントを貰った結果、複雑に考えすぎていたに過ぎず、もっとシンプルに、もっとストレートに取り組んでいれば良かったのだというものあれば、どんなに時間を掛けても思いつけないほど大きなスケールの謎もあって、けっこう感動的でした。
 ちょっと、たとえが難しく、正確でもないんですけれど、たとえば周遊型の謎解きでよくある、紙を折ったら文字が浮かび上がるみたいな謎。
 あれを、部屋全体を使ってやる感じ。
 分かりますかね、このダイナミックなニュアンス。


 端的に言って面白かったです
 今までにドイツで遊んだリアル謎解きゲームのなかでは、抜群に面白かったですし、充実していました
 謎の量も思っていたより多かったですし、わりと適切なタイミングでヒントを求めることができたので、60分という時間制限のうち、ほぼすべてを使い切って十全に楽しみきることができました。
 ただ、やや謎の難易度は高めとも言えますし、ヒントは言葉でしか求められないので、わりと謎が解けて、わりと英語が喋れるメンバーがいると安心かもしれません。それさえクリアできれば、上述の通り、アクセスは最高に良いのでオススメ中のオススメと言えます。

予約ページの注意点

f:id:sinden:20181025150507j:plain
 そう言えば、予約ページに、やや分かりにくいところがあります。
 今回、秋山は『Fiction Escape(仮想現実世界からの脱出)』と『Mr.Tesla(ニコラ・テスラの遺産)』両方のページをタブで開き、後者を遊ぼうと思い、後者のページから予約ページに飛びました。予約ページの上部には『Mr.Tesla』の画像が張ってあり、なんら違和感がありませんでした。
 しかし。なんということでしょう、実は予約ページは共有しており、2種類の脱出の予約フォームが縦に並んでいるのです。『Mr.Tesla』を予約したくば、しっかりと下までスクロールする必要があり、それに気づかなかった秋山は『Mr.Tesla』を予約したつもりで、『Fiction Escape』を予約してしまっていたのです。
 ここらへん、自分は英語が得意と思い込んでいる秋山の、うかつなところですが、自分を信じているが故に、予約内容の確認ページも「はいはい、大丈夫大丈夫」とめくらでクリックしてしまっていました。
 ご予約の際は、重々ご注意ください。

終わりに

 今回は、時間がなく『Fiction Escape』しか遊べませんでしたが、余裕があれば、きっと両方とも遊んでいたことだろうと思います。次は、いつチャンスがあるか分かりませんが、次回まで『Mr.Tesla』が残っていれば、きっと遊ぼうと思います。


部屋が広くてビックリしたよー、やっぱり海外は規模が違うね!

部屋と部屋のギャップもすごかったね。少し古いけれど、映画の『マトリックス』感あったよ

あんな風に空間が変わるの豪華だよね

どの部屋がいちばん好きだった? ぼくは2番目かな、入った瞬間、思わず「ヒッ」って言っちゃったよ。あれ、ふしぎだったよね

私は3番目かな。○○好きだから

なんか、ちょっと映画的だったよね。特に、誰かに追われているわけではないけれど、様々な世界を平行移動しながら、逃げてる感があったよ

あったあった!

合わせて読みたい

 ドイツのリアル謎解きゲームを遊んでみたい! という方に向けて、こんな記事も書いています。