雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

自宅で夫婦ふたりでのんびり遊べるTRPG


f:id:sinden:20181106202519j:plain
 自宅で夫婦ふたりでのんびり遊べるTRPGを、探しています。
 という雑談をしようと思います。
 こんにちは、秋山です。

きっかけ

 ゲームマーケットのカタログを読んでいたんですよ。
 TRPG業界においては、主に、ニコニコ動画とかの影響ですかね。『クトゥルフ神話TRPG』が過剰に取り上げられているですとか、意外に若いプレイヤが参入しているといった話がありますが、ここ数年で、TRPGに身を置いていない秋山でも、それを感じられるくらいに表面化してきたように思います。
 具体的には、カタログを開いて、TRPG関係のブースを見ると、左上から右下まで、どれもクトゥルフ神話で埋まっていると、さすがに「流行ってるな!!」と感じます。
 そして、流行り物に惹かれてしまうミーハーな秋山なのでありました。

TRPGとの付き合い

 最初にTRPGを遊んだのは、2012年。
 ボードゲームの友人がTRPGもたしなむ方だったので、自宅に招いていただいて『ゴーストハンターRPG』を遊びました。
 その後は、名古屋で2015年から2016年に掛けて、7回ほどですかね『ダンジョンズ・アンド・ドラゴンズ』を遊ばせていただきました。貴重な体験でした。
 東京に戻ってからは、昨年末に『パラノイア』を遊んだだけ。
 後は、オンラインセッションって言うんですかね。『ソード・ワールド2.0』をSkypeとWebを使って3回か4回ほど。メンバーの都合がつかなくなり、エンディングまで辿り着けませんでしたが……。
 遊ばないひとと比べると多いかもしれませんが、個人的には、まだまだ序の口と言うか、TRPGなる概念の入り口が見えたくらいです。もう少し学びたいなという気持ちがあります。

TRPGに感じる敷居

 いろいろあるんですけれど、やっぱり調整ですかね。
「遊ぼう!」と決めてから、メンバーと場所を調整して、当日までにルールを勉強して、キャラメイクしてと障壁を感じます。
 この点、ボードゲームや謎解きは、遊ぼうと思った直後に遊び始められるので参入障壁は低いですよね。
 後は価格でしょうか。
 自宅に積みボドゲも積み謎も果てしなくあるので、それらを崩さないうちに高いお金を払ってルールを買っても、結局、遊ばなかったりすると、後で見つけたときに呆然としそうです。

こんなTRPGが欲しい

 と言うわけで、今、求めているTRPGはタイトルにも記載した、自宅で、夫婦とふたりで遊ぶことができるものです。
 ちょっと検索してみたんですが、基本的には、ひとりがGMを担当し、もうひとりがプレイヤとなる形式か、GMは不要でふたりともプレイヤとして遊べる形式の2パターンがあるみたいですね。
 後、感覚的には、2人プレイよりもソロプレイの方が求められているみたいで、ソロプレイ可能を謳っている作品が多い印象なので、ソロプレイできるものを、ふたりで遊ぶのもありなのかなあ、と。

終わりに

 結論もなにもないので、こんな感じで2人用TRPGを探していますよ、と。
 今度のゲームマーケットでは、TRPGブースを少し集中して見て回ろうと思っています。なにかオススメがあったら教えてください。