雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

タンブルウィード×タカラッシュ!『タンブラッシュ!調査団とまよなかの森のマボロシアゲハ』の感想


f:id:sinden:20181114203705j:plain
 宝探し万博2018で購入した、タンブルウィードがタカラッシュ! とコラボした持ち帰り謎『タンブラッシュ!調査団とまよなかの森のマボロシアゲハ』を遊びました。
 ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

概要

2018年10月の『宝探し万博』で行われたタカラッシュとのコラボ謎解き『タンブラッシュ!調査団とフォトジェニ島の秘密』の開催記念で制作。


幻の蝶を見つけ出そう!
ラストにはまさかの感動が待っています。
難易度:★★☆☆☆

https://cafeswitch.thebase.in/items/14096770

感想

 すでに感想を書いている『タンブラッシュ!調査団と地下洞窟に眠る盗賊王の冠』と同じタイミングで販売され、同じタイミングで購入した作品です。
 パット見、こちらは夜だったので続編に相当するのかなと深読みしましたが、そんなことはなく独立した作品で、むしろ難易度設定はこちらの方が低かったです。


 プレイ時間は30分。
 時間的には、こちらの方が短く終わりましたが、体感的な難易度としては、こちらの方が高かったですね。と言うか、閃き系の小謎が多く、分からないものに関しては、どんどんヒントを見ることで突破したのですが、ノーヒントで行こうとしたら、際限なく時間がかかった可能性があります。


 ラス謎は、ありそうでなかったという感じです。
 いえ、きっと秋山が触れていないだけで、過去に同様の仕掛けはいくらでもあるのでしょう。
 ですが、個人的には初めて出会うタイプだったので、素直に驚いて、素直に感心しました。ストーリーとも親和性の高い謎で良かったです。


 そう考えると、こちらの方がストレートですね。
『タンブラッシュ!調査団と地下洞窟に眠る盗賊王の冠』はパズルチックと言うか、謎解きという構造自体が、ひとつの謎になっているのですが、こちらは小謎を解いて、その上で大謎を解くというオーソドックスな流れなので、安心して遊べます。
 持ち帰り謎初心者の方であれば、まっすぐに解いて、まっすぐに感動できることでしょう。
 案外、難易度は、謎自体の難易度によらず、遊び手がその謎を楽しめる経験値を持っているかどうかでつけているのかもしれませんね。


小謎が多かった! すぐに分かるのもあったけれど、難しいのもあったね。一部は解かずに進んじゃったよね

まあ、メタ解き勢だからね

ねこが可愛かったね。てっきり、もっと活躍するんだと思ったよ

そうねえ、まあ、星2だからね

『盗賊王』の方が好きかな。あっきーは?

ぼくも

こっちは、タンブルウィードより、タカラッシュ感が強かった気がする