雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

謎解きファンなら買うべき『ぼくマジ反省会キット』の感想


f:id:sinden:20181118184457j:plain
 2018年11月16日から始まった、東京ミステリーサーカスの新たなる看板公演『さよなら、僕らのマジックアワー』ですが、通常チケットの他に「反省会キット付グループチケット」なるものが存在します。
 今日は、こちらを紹介します。

概要

通常のグループチケットに、参加後だからこそ楽しめる制作秘話や隠しネタ、謎解きの内容をチームのメンバーで振り返って楽しむことができる通知表などのアイテムが入った「反省会キット」が付属したチケットです。グループチケット1枚につき4キットお渡しいたします。

https://mysterycircus.jp/bokumaji/

 価格は平日だと\13,600、土日祝だと\14,800になります。
 通常のグループチケットが平日\11,600、土日祝\12,800であることを考えると、1人あたまプラス500円で、反省会キットが貰える、という感じでしょうか。

反省会の進め方

 なんか「反省会」と言うと、失敗が前提みたいなところがありますが、調べてみると自分の行動や発言を振り返って、それについて判断を下すことが反省だそうですので、成功していても良いのでしょう。


 通常、脱出後はファミレスや居酒屋に入って、なんやかやと感想を言い合ったりしますが、このキットはその過程で、公演内容を振り返ったり、お互いを評価しあうのを手助けしてくれる感じです。
 尚、付属の「反省会キット限定謎」は、4人が力を合わせないと解けない謎になっているので、その日のうちに挑戦することを強くオススメします……!

反省会にうってつけの場所

 うってつけの場所、それは……どこですかねー。
 反省会キットには、東京ミステリーサーカス1階に入っているカフェyeloをはじめ、近隣のレストランや居酒屋のクーポンが入っているので、そのなかから選んでも良いかもしれませんが、ネタバレ話に花を咲かせることを考えると、もう少し閉鎖的な空間の方が悩ましいです。
 カラオケという選択肢もあったのですが、秋山たちは、半個室の居酒屋を選びました。夕方の公演だったので、そのまま食事も済ませられる半個室は、うってつけだと感じたんですよね。

通知表で振り返るゲーム中の1時間

 お互いを評価するための「通知表」は面白いアイテムだなと感じました。
 要は、○○に気がついたひとを褒めよう! みたいな感じなのですが、引っかかるポイントと言うか、謎制作者側が設定しているポイントが分かって面白いなと感じました。

反省会キット限定謎

 プレイ時間は、ざっと15分ほどだったでしょうか。
 時間を図り忘れたので、もう少し掛かったかもしれませんし、もっと短かったかもしれません。
 4人で力を合わせることで、答えに至ることができるという形式は素敵で、公演終了と同時に終わったしまった青春が「もう少し続くんじゃよ」みたいな感じで、再度体験できたのが良かったです。

限定特典冊子

 個人的には『ぼくマジ反省会キット』の主役です。
 ディレクターのきださおりさん、イラストレーターの飴村さん、ムービーを手掛けた監督、謎の技術を実装した某社社員へのインタビューはいずれも面白く、映画のパンフレット的な楽しみがありました。

終わりに

 と言うわけで、各種クーポンがついて、おまけ謎があって、インタビューまで読めて500円です。安い!
 後から入手したいと思っても、なかなか機会が得られなさそうなので、ファンの方は、なんとなくメンバーを集めて反省会キット付グループチケットで遊びに行きましょう!


限定謎は、4人で協力しなければならないから、公演が終わったらそのまま遊びに行くのがいいよね。ペグシルは入れておいて欲しかったかな

そうね、偶然、鞄に2~3本入っててよかったね

私たちは、お店に入ってから初めてキットの中身を確認したけれど、クーポンがついてるから先にチェックした方が良かったね

合わせて読みたい

『さよなら、僕らのマジックアワー』それ自体の参加レポートと言うか感想も書いています。
 ネタバレなしで書いていますので、参加しようか迷っている方も、参加済みで他人の感想が気になっている方も、是非ご覧ください。