雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

迫りくる魔物の群れを撃退せよ『Deck Defence』の感想


f:id:sinden:20181118151320j:plain
 空理計画さんのゲームマーケット2018春の新作『Deck Defence』を遊びました。
 1人用のカードゲームで、ワンプレイ10~15分のカードゲームです。


 タワーディフェンス、ご存知でしょうか。
 デジタルゲームの一種で、自分の領地に向かって進軍してくる敵を撃退することが目的のゲームです。プレイヤは敵と直接、戦うのではなく、様々な罠や道具を自陣に配置しておいて、その罠によって魔物を撃退します。
 限られた資源、限られた空間に、どういった罠を、どのように配置して、敵の猛攻をしのぐかを考えるのが楽しいです。


f:id:sinden:20181118151429j:plain


『Deck Defence』は、タワーディフェンスをカードゲームで再現した1人用のゲームで、よくシャッフルしたカードを、1枚ずつめくりながら、すべての敵を撃退するのが目的となります
 デッキのなかには、敵カードと味方カードがランダムに入っており、カード運によっては、敵がいっこうに出てこず、味方をひたすら配備することになったり、味方がぜんぜん配備できていないのに、敵がめっちゃやってきたり、展開が偏ることもあります。


 プレイ開始直後は、エラッタを読み忘れていて、いっこうに敵を捌ききれず苦戦しましたが、途中でルールミスに気がついて、7回目にしてようやくクリアできました。
 一度、クリアできるようになったら、2回目以降は、運に恵まれない限り、安定して勝てるようになり、良いバランスです。
 特に4回目~6回目の「これ、ほんとうにクリアできるの? 無理ゲーなんじゃないの??」と試行錯誤している時間が、いちばん楽しかったですね。


『Onirim(オニリム)』や『フライデー(ロビンソン漂流記)』のような1人用ゲームが好きな方は、絶対に楽しめます


クリアするの難しかったよねー。何回も挑戦しなおしたよ!

良かったと思う。一度、勝ち筋が分かったら、それ以上、挑戦する気が失せてしまうから、拡張カードやルールがあったら良かったかもね