雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

西武新宿線に乗って魔女のコンビニに行ってみた『何故スカーレット婦人は消えたのか?』を遊んだひとの話を聞きました


f:id:sinden:20181120155918j:plain
 2018年3月8日から西武新宿線沿線の駅構内及びTOMONYで開催されている、タカラッシュブラックレーベルによる周遊型のリアル謎解きゲーム『コンビニナゾトキ CASE01 何故スカーレット婦人は消えたのか?』を、ぺこらさんが遊びました。
 今日は、ぺこらさんの話を聞いて、その魅力をお届けします。
 尚、ネタバレには配慮するようお願いしていますが、気になる方は回れ右推奨です。

よろしくお願いします。まずは、遊ぼうと思ったキッカケから教えてください

私、ゆるキャラと電車が好きなんですよ。だから、丁度いいなと。ほら、このモニーとかかわいいでしょ。 電車×ゆるキャラ、やるっきゃない!!

なるほど。フィールドは西武新宿線とのことですが……あれかな、東京ミステリーサーカスに行く途中にある西部新宿駅から、高田馬場方面に向かってるやつ?

そう。西武新宿から鷺ノ宮までの、9駅が舞台。周遊する範囲が最初から決まっているから、安心してプレイできる。街歩き系だと、どこに行くか分からないから探索範囲もわからないけれど、これはトモニー(コンビニ)がメインだから、ライトかなと。もっと言うと、西武新宿線のトモニーの場所はネットで調べられるので、改札内だとラッキーだなぁと。電車に乗ってコンビニが構内なら楽かな、って。でも、実際には、……全部、改札外にあったという。

そうなんだ! 1日乗車券みたいのはないの?

ないねぇ。 キットには移動費700円~って書いてあるよ。私は、途中でチャージしなきゃ! ってなったけど

はやくオートチャージにしようよ

やだよー

遊んでみて、ゆるキャラっぽいキャラクタたちは可愛かったの?

かわいかったよ。なんか、そう、性格もゆるキャラみたいな感じで良かった。こう、……ゆるいの。グダグダしてるの。主人公の、トニーとモニーがね、ゆるゆるで、どうしようもない感じなの。

作中のキャラがゆるいから、プレイヤが代わりに謎を解いてあげる感じなの?

うーん、そんなこともないかなあ。物語は第1章から第6章まで分かれているんだけど、章によって主人公も異なるの。トニーとモニーがまったく登場しない章もあるしね。言ってみれば、謎のある物語を読んでいく感じかな。トニーとモニー以外にも、キャラクタがいっぱいいるし、挿絵も豊富だから、見ているだけでも楽しいよ

そもそも、どういうストーリーなの?

トニーとモニーの探偵事務所に、依頼人が来るところから始まる。スカーレット婦人が失踪してしまったから、探し出して欲しい、と。そこから物語をいっぱい読むし、スマートフォンも使うし、コンポーネントも多い。途中で「使用済みアイテム袋」を作ってと言われるくらい。そこに使い終わったヒントを入れたりして管理を推奨されるのが斬新だった

よだかのレコードさんのゴミ箱みたいだね。謎の難易度はどうだったの?

高くはないけれど、移動範囲の割にはけっこう時間が掛かった。私が苦手な謎もあって。……ほら、あっきーに聞いたのもあったじゃない?

ああ、突然、メッセージが送られてきたやつか

次の目的地が各停しか止まらない駅だったりすると、その電車を待たないといけないから、わりと待ってるだけの時間も多かったかな

へえ。全体でどれくらい時間かかったの?

4、5時間くらいかなあ

それは、周遊には中々だね。もしかして、地下謎と一緒くらい? 移動範囲は、地下謎ほど広くはなさそうだけどね。ところで、噂の「魔女のコンビニ」はどうだったの?

すごい、良かったよー! ここまで、デザインを変えてくるのか! って驚いたよ。見つけた瞬間、ビックリした。しかも、夕暮れくらいの時間帯に行ったから、なんか神々しく見えて「なにこれー!!」って思った。店内も入ったらすごくて、よく出来てて。

写真、撮ったの?

ほら

うわ、すごいな、なにこれ。こんなコンビニ、入りたくない。なんかハロウィン感あるね

えー、入ってよー。店員さんも優しくて、謎解きの途中で話しかけたりするんだけど、ちゃんと相手してくれて店員さんにしっかり周知されているみたいで安心しました。ほら、バイトのひとが、予習してなかったりすると、もたつくかもしれないじゃない?そういうのは一切なくて、スムーズだったのが良かった。しかも、謎解き勢に優しかったよ

良かったねえ。では、最後に、どういうひとにオススメですか?

電車が好きで、ゆるキャラが好きなひと!後、ストーリー要素ががっつりあって、物語を読む分量も多いし、読み込んで理解しないと解けない謎もあるから、読むのが好きなひとがいいかも

ありがとうございました

終わりに

 と言うわけで、今回は秋山が、ではなく、ぺこらさんが遊んだ謎解きの感想でした。
 電車好き、ゆるキャラ好き、物語好きの方は、是非、試してみてください。