雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

開館直後で無人のオペラ座(ガルニエ宮)は豪華絢爛な内装を楽しめて最高


f:id:sinden:20181120203052j:plain
 しばらく間が空きましたが、ヨーロッパ旅行記の後半スタートです。
 今回はパリ市内をけっこう観光したのですが、なかでもパリ・オペラ座(ガルニエ宮)は最高でした。

西のファザードと皇帝のロタンダ

 オペラ座と言えば、ガストン・ルルーによるゴシック小説『オペラ座の怪人』ですよね。
 ぺこらさんが、この小説……と言うか、映画が好きで、その舞台を見に行こう! ということになり、訪ねたのです。
 と言うわけで、こちらは見学者向けの入り口である西口です。
 公演がないタイミングであれば、こちらから入場し、館内を見学することができます。


f:id:sinden:20181120202633j:plain


 この写真は、訪問前日の夕方に撮影しましたが、実際には朝イチで訪ねました。
 10分ほど並んでから入場。まずは、荷物チェックです。問題なく通過し、次はチケットの購入。その後は、ツアー客の待ち合わせホールがあります。
 ツアーなしでの観光だったので、ホールは素通りしたのですが、これが功を奏しました。なんと、まだ、ほとんど観光客のいないオペラ座に入ることができたのです!!
 豪華絢爛な内装を、じっくり楽しむことができて、めちゃくちゃテンションが上がりました

大階段

f:id:sinden:20181120202729j:plain
 かの有名な大階段です。
 中央の踊り場にドレスを着た女性が立っていますが、この方は観光客ではなく、おそらくはスタッフの方。後に、観光客と一緒に写真を撮ったりしているのを見ました。


f:id:sinden:20181120202709j:plain


 ドレスアップした方は、他にも何人かいらっしゃって、映画のなかの世界に迷い込んだような印象を受けます。


f:id:sinden:20181120202652j:plain


 イシドール・ピルによる天井画。
 美しい天井画を見上げながら階段を登っていたら、転びそうになりました。


f:id:sinden:20181120203014j:plain


 こちらは、ひと通り堪能して、帰る間際、もう一度、大階段に立ち寄ったときの写真。すでに観光客が溢れかえっています。
 やはり、朝イチで入って、しかもツアーに巻き込まれなかったのは成功でした。

大休憩室

f:id:sinden:20181120202748j:plain
 公演の合間に、観客が休憩するためのスペース。
 こちらも開館直後だからか完全なる無人で、この広いスペースを独り占めできたのは、超絶快感でした。


f:id:sinden:20181120202846j:plain


 反対側まで歩いて、振り返ったところ。
 荘厳極まりないです。

テラス

f:id:sinden:20181120202823j:plain
 大休憩室から外に出ることもできました。
 こちらも無人でした。


f:id:sinden:20181120202805j:plain


 曇天におおわれていて、ちょっと暗い感じですが、ベランダからパリ市内を見下ろしてみました。
 パリは、ほんとうに街並みが美しいですね。

図書室

f:id:sinden:20181120202906j:plain
 館内には図書室もありました。
 こちらも、ご覧の通り無人です。


f:id:sinden:20181120202924j:plain


 写真では分かりにくいかもしれませんが、鉄格子で、本を手に取ることはできませんでした。当然、貸し出しも行っておらず、展示空間です。


f:id:sinden:20181120202941j:plain


 館内の見取り図。
 こういうのを見るだけでも楽しくなりますね。

ドレスの展示

f:id:sinden:20181120202956j:plain
 役者さんが着ていたドレスの展示でしょうか。
 この奥には、衣装の貸し出しスペースもあり、ドレスを着て館内を歩き回ることもできるみたいでした。
……あ! もしかしたら、先ほど階段に立っていた女性も、このサービスを受けた観光客だったのかもしれません……。

観客席

f:id:sinden:20181120203105j:plain
 観客席にも入ることができました。
 どうやら役者さんが練習している様子です。ヒステリックな監督さんですと、リハーサルに集中するために、見学者一切お断りで閉館にしてしまうみたいですが、この日は、そういう感じではなくて恵まれました。


f:id:sinden:20181120203113j:plain


 観客席の頭上にあったシャンデリア。
 かつて、ここにあったシャンデリアが落下して、観客に死者が出たという事件が『オペラ座の怪人』の着想になったみたいですね。


f:id:sinden:20181120203124j:plain


 暗闇のなかで撮ったので、ブレブレですが、観客席はこんな感じ。
 実に美しいです。

ファザード

f:id:sinden:20181120203033j:plain
 最後は、お土産物屋さんで買い物をして、東口から出て、正面に回り込んだところからの写真です。
 さっきまで、ここの2階部分にあるテラスからパリ市内を見下ろしたのですが、ここから見上げるのも良い感じです。


終わりに

 と言うわけで、オペラ座を訪ねてみた、でした。
 何度も書きましたが、朝イチで訪ね、他の観光客がまったくいない中、無人の内装を堪能できたのは最高でした
『オペラ座の怪人』ファンの方は、超絶オススメなので、是非、機会を作って訪ねてみてください


オペラ座、行きたかったんですよ! ずっとね! オペラ座の怪人が好きだから。ちょうど泊まったホテルから、徒歩数分ってことを知って、行こう! って思ったの。行ってよかったでしょ

めちゃ良かった。想像以上だった。と言うか、まあ、単なる劇場だと思ってたんだよね。あんなに内装が豪華で、華やかで、荘厳だとは思っていなかった

映画を観てないからだよ! あの大階段とか、まさしくだよ!! でも、想像よりも良かったっていうのは分かる。天井画とか、シャンデリアとか、思っていたよりずっと良かった。でもね、あっきー

なあに?

あれは、ただの劇場なんだよ

知ってるよ

ただの劇場なのに、あんなだなんて、すごくない? 美術館じゃないんだよ

これが、パリクォリティだよ