雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ゲームマーケット大賞2018優秀5作の感想まとめ


f:id:sinden:20181123151539p:plain
 ゲームマーケット2018秋の開催まで、いよいよ残すところ1日となりましたね。
 こんにちは、秋山です。
 遊んだのはずいぶん前ですが、ようやく「ゲームマーケット大賞2018」の優秀作に選ばれた5作の感想を書き終えたので、まとめることにします。

Improvement of the POLIS

 タイトル順の紹介になります。
 まずは、慶應義塾大学の公認ボードゲームサークルであるHead Quarter Simulation Game Clubさんが手掛けた『Improvement of the POLIS』
 非常に完成度の高い中量級ボードゲームです。

たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。

 続いては、CRIMAGEさんのコミュニケーションゲーム『たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ。』
 ゲームマーケット2018秋では、デザインを改良した第2版を発表とのことです。一時は、間に合わないとお知らせがありましたが、間に合ったようで何よりです。

天下鳴動

 3作目は、77spieleさんのユーロ感のあるダイスゲーム『天下鳴動』
 ゲームマーケット2018秋では、デザインを改良したバージョンを頒布される様子です。

東京サイドキック

 4作目は、リトルフューチャーさんの、ヒーロー物の協力ゲーム『東京サイドギック』です。
 ゲームマーケット2018秋では、拡張を発表されるとのこと。ますます広がる、東京サイドギックの世界に目が離せません。

トリックと怪人

 最後はBrainBrainGamesさんの正体隠蔽の要素を持つ推理ゲーム『トリックと怪人』
 元々は500円と廉価な作品でしたが、優れたデザインが注目を浴び、ゲームマーケット2018秋では、オインクゲームズさんから新版が出る予定です。

終わりに

 と言うわけで、遊んだけれど感想の書けていないボードゲームが山ほどあるのですが、取り急ぎ優秀作の5作だけ先んじて書きました。
 大賞その他の発表は、2日目の日曜日お昼の予定です。お楽しみに!