雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

夜空に星を輝かせよう『ホシアツメ』の感想


f:id:sinden:20181118152617j:plain
 さいころグラスさんのゲームマーケット2017秋の新作『ホシアツメ』を遊びました。
 3人~5人で遊べるカードゲームです。


 プレイヤは天使や神の使いを各エリアに派遣し、エリアマジョリティで獲得した星トークンをカードに配置し、星座を作り出し、勝利点を獲得します。
 最終的に、もっとも多くの勝利点を獲得したプレイヤが、ゲームに勝利します。


f:id:sinden:20181118152655j:plain


 ロマンチックなゲームでした。
 メカニズム的には、エリアマジョリティとセットコレクション
 兎や鳥、蛇などの神の使いを、各エリアに派遣します。該当エリアでマジョリティを取ることができれば、そのエリアで算出される星を獲得し、自分の手元にある星座に、星を配置していくことができます。
 星トークンをすべて置ききると星座が完成し、夜空に星座がひとつ生み出されたことになります。


 面白いのは、サボるダイスの存在。
 毎ラウンド、神の使いは一種が必ずサボるのです。サボった神の使いは、エリアマジョリティ計算時、いないものとして扱われるので、ダイスの出目によっては、単独トップで星を大量獲得できる予定だったのが、ひとつも取れなくなったりして、だいぶ話が変わってきます。
 うまいことリスクヘッジしながら、星を効率的に集め、どんどん星座を作るのが肝要です。


f:id:sinden:20181118152733j:plain


 出来上がった星座は、星を載せたままテーブルの上に置きっぱなしにするので、ゲームが進むと、どんどんテーブル上が賑やかになっていって楽しいです。
 広いテーブルよりも、カードを置ききったときにピッタリになるくらいのサイズのテーブルで遊んだ方が面白いのではないでしょうか。
 かわいい見た目に反し、ゲーム中の選択は、けっこう悩ましいです。オススメです


面白かった面白かった。春の星座とか、秋の星座とか、ボーナスが強力だから、あれに相乗りできるかどうかで、だいぶ変わってくるよね

言われてみればそうだ。終盤の寄せのタイミングになると、ボーナスのために他のプレイヤにも星座を完成させてもらわないとならないから、微妙な調整が入るよね