雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第4回『日本謎解き能力検定』において準2級に合格しました


f:id:sinden:20181127200501p:plain
 題意の通りです。
 2018年11月24日から25日に掛けて、Web上で開催された第4回『日本謎解き能力検定』を受検し、準2級に合格しました。
 前回の第3回では、2級だったので、残念ながら準2級に落ちてしまったわけで、個人的にやや残念ではあります。

成績

・総合得点:76点(100点満点、平均57点)
・総合ランキング:643位(4030人中)

感想

 前回までは、全50問が均等に2点と配分されており、かんたんな問題で稼げ、難しい問題はスルーできましたが、今回は1点~4点(最終問題だけ6点)とバラけるようになりました。
 謎解きは相性もあるので、1点の問題でも分からないときもあれば、4点の問題でもすぐに分からないときもあります。
 まずは、パッと見で分かるものから片付けていって、後から飛ばしたものに戻り、1問につき30秒~1分ほど掛けて、精査していきましたが、最後まで1点の問題も残りましたし、2点や4点の問題も残りました。そして、もちろん最後の6点問題も……。


 個々の問題という観点では、第5問は惜しいことをしました。
 赤い四角の中が分かったので、それを答えてしまっていましたが、正しくは全体を答えないといけなかったのですね。早とちりによる凡ミスでした。まあ、1点しか失ってないので良いですけどね。


 第17問と第23問は、やってやれないことはないレベルだったので、ちょっと残念ですね。
 この2問が突破できていれば、2級も視野に入っていたわけで……うーん!


 第32問は、思わず頭を抱えました。
 このタイプの問題って、以前にも出ませんでしたっけ? 謎検か、練習問題か、実際の公演で出会ったものかは忘れましたが、前回も同じ系統の問題でやられているので、体感では2度目。弱点を知ってる敵のはずなのに負けた気分です。


 第47問は正解率が少なくて納得しました。
 だって、あれ、めんどくさいですものね。充分な時間があれば、導き出せそうでしたが「この時間があったら、他のをやるわ!!」と思いました。


 第50問はですね、ちょっと勘違いをしました。
 これは、答えを導き出せなくもない感じだったので、ぐぬぬ、ですね。

終わりに

 今回は満点を取った1級合格者が59人もいたとのことで、いやはや、素晴らしいですね。おめでとうございます。
 秋山は、次回も2級を目指そうと思います。