雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

そうだキノコ鍋を食べよう『今夜はキノコ鍋』の感想


f:id:sinden:20181127194902j:plain
 アソビ鮫さんのゲームマーケット2018春の新作『今夜はキノコ鍋』を遊びました。
 3人から5人までさっくりと遊べるカードゲームです。


f:id:sinden:20181127194939j:plain


 メカニズム的には、ブラフ……でしょうか。
 場に並べられたキノコカードを1枚ずつ取得していって、ゲーム終了時、最も食べていいキノコを集められたプレイヤが勝利します。
 キノコは全部で8種類あるのですが、その内の3つが、恐るべき毒キノコになっています。各プレイヤは1人1種類ずつ、どれが毒であるかは分かっています。他プレイヤの動向を見極めつつ、毒でないキノコを集めよう!
 そんなゲームです。


f:id:sinden:20181127195012j:plain


 3人で遊んでみたのですが、ちょっと輪郭が曖昧なゲームだったかなという印象です。
 結局、キノコを取るのも手放すのも気持ちひとつなわけで、


・食べられるキノコだから取っているのか
・毒キノコだと分かっているけれどブラフで取っているのか
・食べられるキノコだと思っているけれどブラフで手放しているのか
・毒キノコだと分かっているから手放しているのか


 ここらへんが、さっぱり分からないんですよね。
 まあ、あんまり深いことは考えず、毒キノコでも良いじゃーん! と気軽にキノコを集めて、爆死したときはしたときくらいのゆるい感じで遊ぶのが良いかもしれません。
 気楽にカードゲームを楽しみたい方にオススメです。


最初は、とりあえずまんべんなく揃えるよね

勝ち筋はよく分からない

よく分からない

まあ、ゆるくまったり遊べば良いと思う