雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

2018年11月の記事ピックアップ


f:id:sinden:20181201104819j:plain
 こんにちは、秋山です。
 年の瀬が近づいてきましたね。12月は師走とも言って、普段は落ち着いている先生も走る忙しさ。例年、雲上四季では「今年、遊んだボードゲームの中で面白かったゲーム、ベスト10」みたいな記事を書いていますが、そもそも遊んだゲームの感想を書き終えられていないので、12月はマジで頑張る所存です。
 さて、今回は11月の記事を振り返ってみましょう

アクセスランキング(全体)


 1位は先月に引き続き、SCRAPが東京メトロとコラボして開催中の謎解きイベント『地下謎への招待状2018』の感想です。
 来春まで続く公演ですので、引き続きご愛顧いただければ幸いです。

 2位は、東京ミステリーサーカスで始まりましたが、ホール型の謎解きイベント『さよなら、僕らのマジックアワー』の感想です。
 青春謎解きと銘打たれており、感動できること請け負いです。

 3位は、先月からひとつランクダウンしましたが、SCRAPが全国のアジトで開催している周遊型の謎解きイベント『地球人消滅からの超脱出』の感想です。
 これから『ドラゴンボール超 ブロリー』も始まりますし、まだまだ盛り上がりそうですね。

アクセスランキング(11月)


 11月の1位は、全体ランキングの2位でもある『さよなら、僕らのマジックアワー』の感想です。


 2位は『さよなら、僕らのマジックアワー』の関連記事で『ぼくマジ反省会キット』に関する記事。
 11月は、ぼくマジワンツーフィニッシュという感じですね。

 3位は東京ミステリーサーカスで新たに始まったホール型の謎解きイベント『ある魔法図書館の奇妙な図鑑』の感想です。
 オシャレな公演なので、クリスマスに合わせて遊びたいですね。

今月のピックアップ


 あんまりアクセスされなかったけれど、読んでいただきたいイチオシの記事としては、こちら。
 エッセンで見掛けた、ナラティブだったりレガシーだったりするゲームをまとめました。
 よろしければ、どうぞ。

終わりに

 と言うわけで、11月の振り返りでした。
 今までの振り返りはこちら。




http://www.unjyou.com/entry/2018/07/03/220000