雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

トランプで惑星探索『不思議惑星トラン・プ』の感想


f:id:sinden:20181206102309j:plain
 ボボン・ボン・ボジワーイ連邦さんのゲームマーケット2018春の新作『不思議惑星トラン・プ』を遊びました。
 2~4人で遊べる、コンポーネントに別途トランプが必須となるとボードゲームです。


 ワープに失敗し、トランプ宙域に出てしまった宇宙船を操縦し、様々な惑星を探索し、その土地でお金を稼ぎ、お土産を購入し、いちはやく地球へ帰還することを目指すレースゲームです。


f:id:sinden:20181206102401j:plain


 設定的には、なんとなく『ギャラクシートラッカー』でしょうか。もしくは『スペースアラート』。
 ゲーム中、計4つの惑星を訪ねることになるのですが、それぞれの惑星できっちりと探索を行い、お金を稼ぎ、お土産を網羅すると、そのお土産を使って、地球への帰還を無事に済ませることができます。
 しかし、これはレースゲーム。リスクを承知で、お土産を買わずに、地球への帰還をいちはやく目指すプレイヤもいます。そのプレイヤが地雷を踏んでくれれば、お土産を買い集めたプレイヤも後から悠々と追いつけますが、地雷を回避することに成功すれば、お土産に惑わされたプレイヤは絶対に追いつけません。
 どこまでリスクを覚悟をするかが悩ましいゲームです


 テーマもあいまって、個人的にはけっこう楽しく遊べました。
 トランプのカードを並べるため、ちょっと空間を食うのが難点でしょうか。


なんでトランとプでタイトルを切ったんだろうね

なんだろう。プを取らん……んー、よく分からない

みんな、お土産を買ってから飛び立つ系だと、運がいいひとが買っちゃうよね

だから、どこで見切りをつけて、自分の運を信じるかだよね

各プレイヤが、他のひとと違う動きをしないとだよねえ