雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

分配とセットコレクションが楽しい『くだものフレンズ』の感想


f:id:sinden:20181221124627j:plain
 Cometさんのゲームマーケット2018春の新作『くだものフレンズ』を遊びました。
 2~5人で遊べるさっくりとしたカードゲームです。


 激烈に面白かったです
 ルール自体はシンプルでありながら、選択の悩ましさもあり、短いプレイ時間のなかに、ユーロゲームの楽しさがぎゅぎゅっと凝縮された傑作です。


f:id:sinden:20181221124739j:plain


 くだものカードを集めるゲームです。
 各カードは、集めれば集めるほど高得点になる仕組みですが、中には、点数になるのは3枚までで、4枚以上、持っていると0点になってしまう、という変則的なくだものカードもあります。


 カードの獲得方法は、分配とオープンドラフトです。
 ラウンド開始時、7枚のカードが配られるので、それを2枚、2枚、2枚、1枚の4セットに分けます。最後の1枚は捨て札になるので、裏向きのまま捨ててしまい、残った2枚は手番が来たら、セットのまま公開します。
 公開されたカードは、隣のプレイヤから順にセット単位で獲得していきます。
 まず、隣のプレイヤが3セットのなかから1つを選び、さらに隣のプレイヤが2セットのなかから1つを選び、最後に残ったセットが分配したプレイヤの物になります。


 分配系のボードゲームと言えば『もっとホイップを』が挙げられますが、まさにプレイ感は『もっとホイップを』に近しいです
 ただ、あちらがプレイヤ全体を対象にケーキを切り分けないのに対し、このゲームの場合は、あくまで7枚のカードから6枚を選び、さらに2つ隣のプレイヤまでしか考える必要がないので、だいぶ考えなければならない量は少なめです。
 また、上述の通り、各くだものカードは、それぞれ異なる性質を持っているので、ひとによって集めたい/集めたくないがわりと明確です。


 めちゃ面白いので、気軽に遊べるカードゲームを探している方には、間違いなくオススメです!