雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

土俵にネコが上がったら『はっけよいとネコ』の感想


f:id:sinden:20181231172336j:plain
 米光と優秀なゲームデザイナーズさんのゲームマーケット2018秋の新作『はっけよいとネコ』を遊びました。
『はっけよいゲーム』をデザイナの米光一成氏自身がリデザインした作品です。


 元となった『はっけよいゲーム』は、のこったのこったという掛け声が面白いゲームです
 デザイン的には、ある種の洗面器ゲームと言うか、長く息が続くのを競うだけみたいな感じなのですが、その苦しさに相撲というテーマを与えたのが秀逸です。「のこった、のこったぁ!」という掛け声が楽しく、なんならもう「のこったのこった」言いたいから遊びたいみたいな中毒性まであります。



 とは言え、上記の感想にも書きましたが、ちょっとゲームバランスに難があり、特に多人数だとゲームが成立する前に流れてしまうことがあり「面白いのに、実質2人専用ゲームみたいで、もったいない」という感じでした。
 まあ、相撲は2人の力士が戦うゲームなので、現実味があるという捉え方もありますが……。


f:id:sinden:20181231172451j:plain


 閑話休題『はっけよいとネコ』は、そんな『はっけよいゲーム』のディベロップメントを進めながら、新たにネコカードを加えたリデザイン作品です。
 元の作品とはカード構成を変えているらしく、実際にプレイしたときは、遊んでいて違和感がない具合になっていたので、かなり念入りに調整したものと見受けられます。


f:id:sinden:20181231172527j:plain


 ネコカードも2枚しか含まれないのですが、いい味付けになっていて、素晴らしいです。
 のこったのこったぁ! と言い合っているさなかに、いきなり「にゃー!」が飛び込んできたら、それはいったん仕切り直しになるのも分かります。


f:id:sinden:20181231172559j:plain


 今から遊ぶ予定の方は、絶対に『はっけよいとネコ』の方がオススメですし、『はっけよいゲーム』が気に入っていた方は、バランス調整された『はっけよいとネコ』を買うべきですし、平たく言うと広くオススメです。
 声を出しながら盛り上がれる楽しいゲームです


f:id:sinden:20181231172628j:plain


休場になりづらくなって良かったね

そう、そこのバランス調整は、とても良かった

全カードに、少しだけネコが描かれていて可愛かったよ

え? ネコカード以外にネコは描かれて……あっ! 描かれてる!! しかも、けっこう、かわいい~、なんで気づかなかったんだろう! かわいいなあ

いいよね。『はっけよいゲーム』より好き