雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

最高にエモい『Nage×Nage Portside YOKOHAMA』の感想


f:id:sinden:20190106150639j:plain
 ケンビルさんのゲームマーケット2018秋の新作『Nage×Nage Portside YOKOHAMA』を遊びました。
 2人から6人まで遊べるエモいゲームです。尚、エモいが、どういう意味であるかは、あんまりよく分かっていません。


f:id:sinden:20190106150747j:plain


 いわゆる『ジャングルスピード』や『おばけキャッチ』のような、アクション系のゲームです
 各プレイヤは、それぞれ手札を1枚ずつプレイしていって、赤系のキャラが3人か、青系のキャラが3人、どちらか片方が揃ったら、持っているレコードを、それぞれ赤もしくは青の面を上にして、ターンテーブルに投げ込みます。
 尚、写真の例では、赤キャラ3、青キャラ2、ダミーいっぱいで赤キャラ3の条件を満たしたので、この瞬間に赤いレコードをターンテーブルに入れることになります。


f:id:sinden:20190106150845j:plain


 こちらの写真は各プレイヤが放り込んだところです。
 4枚のレコードが重なり合っていますが、このなかで、いちばん下にあるレコードの持ち主が点数を獲得します。
 赤キャラと青キャラが同時に3人以上になった場合は、フロアキラーと言って、その場で一回転してから投げ込む必要があって、非常に慌ただしいと同時に、盛り上がります。


f:id:sinden:20190106150937g:plain


 ちなみに、投げ込むのも案外、難易度が高くて、テンションが上がれば上がるほど、勢いあまって箱に収まらなかったりして楽しいです。
 適当に放り込んだところをgif動画にしたので、各プレイヤがそれぞれ勝手に楽しんでいる様子をお楽しみください。


 後、地味に楽しいのがアタマダシです。
 手持ちのレコードをターンテーブルに投げ込むという性質上、当たり前ですが、ターンテーブルに近いプレイヤが有利です。公平を期すならば、全プレイヤが均等に遠ざかっていることが望ましいでしょう。
 その公平な環境を作りだすのがアタマダシです。
 レコードを持って、手を伸ばし、箱の上で触れるか触れないかの間隔を確かめるわけです。
「他のプレイヤーから要望があった場合には必ず全プレイヤーで『アタマダシ』を行ってください」とルールブックにも書いてあり、事あるごとにアタマダシを要求してイエーイするの楽しいです。


 シンプルに盛り上がれるゲームなので、楽しいパーティゲームを探している方にオススメです


一回転するフロアキラーが面白かったね、特にフロアキラーカードが出てきたときじゃなくて、3対3になったとき

そうね、他のプレイヤがいちはやくレコードを投げ入れている中、悠々と一回転してから、のんびり確実に放り投げて成功したときは、けっこう快感だよ

そうそう! 後、持ち方が特殊だったよね。自分の山札を持ちつつ、レコードを支えるの、大変だった

あれはね『ジャングルスピード』でもそうなんだけど、カードをめくる方向を、相手向きにしてあげないと、めくるひとが有利になっちゃうんだよね

そんなことないよー、めくるひとの方が不利だよ! めくる時点で投げるの遅れるし

まあ、いろいろあるんでしょう