雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

一触即発、一撃必殺『エクストリーム将棋』の感想


f:id:sinden:20190106154303j:plain
 NakagawaHandsさんのゲームマーケット2018春新作『エクストリーム将棋』を遊びました。
 2人専用の将棋系のボードゲームです。


f:id:sinden:20190106154627j:plain


 まずは、コンポーネントをご覧ください。
 手前にあるのが盤面となるボードです。各ボードの上部にはツメがついており、このツメで引っ掛けることによって2つのボードで1つの盤面を作りだすことができます。


f:id:sinden:20190106154729j:plain


 ゲームの準備として、まずは、セットアップがあります。
 お互いにダイスを振って、今回のゲームで使うボードと駒を決定します。それぞれのセットが決まったら、ついたての内側で自由に駒を配置していきます。


f:id:sinden:20190106154842j:plain


 こんな感じでドッキングします。
 対戦相手も、ついたての内側で駒を設置しているので、どのように配置するかで、最初の展開は変わってきます。
 今回は、相手の飛車を取れるポイントに桂馬を置けていたのでラッキーと思ったら……、


f:id:sinden:20190106154936j:plain


「王手」
 と、まさかの一手で詰みました。
 なんてこったい! エクストリーム!!


 と言うわけで、初プレイにおいては、まさかの運ゲーでしたが、最初から終盤戦が楽しめるという点において、非常に面白いポイントと可能性を持ったゲームだと感じました
 特に、ついたての内側で駒をプロットするという点が、ボードゲームライクで好みですね。さっくり終わってしまったときは「次~、次~」とさっさと次へ行けば良いわけで、将棋の終盤の楽しさがスムーズに楽しめる面白い作品だと感じました。


あの、ボード。良かった。パステルカラーで。相手がどう置いてくるか分からないから、配置、困るよね。うまく行くときもあるし、そうでないときもある

「将棋は将棋」って言うと思ったよ

ふつうに始まったらそう思うけど、そうじゃないからねえ。桂馬とか、相手のボードによっては、ぜんぜん動けなくなることありうるよね

あの瞬殺感、面白い