雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

SCREAMER

「いーち、にー、さーん」
…………。
「だああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁああああああああああああああああああああぁぁぁぁぁあああああぁぁぁぁぁっっっっっあぁっあぁっっ!!」
 バタン。
「い、一分二十六秒!! チャンピオン、新記録を樹立しました! 一分二十六秒! 前回の一分十二秒から十四秒も伸びています!! それでは、早速、チャンピオンに今のお気持ちを伺ってみましょう。お願いします!」
「……っく、…………っく」
「なんとチャンピオン、呼吸困難に陥っています。きゅ、救急車! 誰か、救急車」
…………。
「なあ。この番組のチャンピオンって毎回、呼吸困難になって救急車呼んでるよな」
「そうだな。もう第六回なんだから、いい加減、用意しとけよって言うか……」


『絶叫コンテスト』485文字