雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

 昨夜は『Chronicle 2nd』を聞きながら作業。ドラマCD的な趣きのある一枚だから、歌に意識が向いてしまうかなと思ったが、そうでもない。サントラとしても秀逸。それよりも聞いているうちにイメージが湧いてきて、雲上四季が書きたくなってしまって困る。まあ、そんな感じで『回廊 創刊号』の最終的な編集に入りました。
……どうでもいいですが、ここのところ『超短編 雲上四季 雪』といい、『回廊』といい、長らく潜伏していた企画が一気に形になってきて。なんかニヤニヤ笑いが止まりません。特に『回廊』なんて二年越しの企画であるだけに、目次のページだけで、思わず、もう……ニヤニヤニヤ*1

*1:危ない人だなあと思いつつ、笑いが止まらない