雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『ギロチン城』殺人事件

『ギロチン城』殺人事件 (講談社ノベルス)

『ギロチン城』殺人事件 (講談社ノベルス)

 シリーズ四作目。
 城シリーズと呼ばれているが、直接的な繋がりはなく、ただ世界観的に若干の繋がりが見受けられる記述が何点かある程度。この作品を読むためにシリーズ一作目から読むのは忍びないので、前作の『アリス・ミラー城』から読み始めるといいだろう。
 相変わらず物理トリックは冴えている。今回も図を多用しているが、この図があっても犯行が分かりづらく、図を見つつ頭を捻る必要がある。そして理解した瞬間、素晴らしいと思う。