雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

802

レタス・フライ (講談社ノベルス)

レタス・フライ (講談社ノベルス)

 実際に本を手に取ってみるまで英題は「LET US FLY」だと思っていた。
 しっかし、ひどい本だとしか言いようがない。一段落で、余白は広くて、そしてこの値段。まあ、だがしかし、森博嗣の長編は当たり外れが大きいが、短編集は萩尾望都風であったり大島弓子風であったりする作品が必ず含まれており、秋山はそれが目当てで読んでいると言っても過言ではない。そもそも森博嗣の著作は全て読んでおり、これからも読んでいくだろうからコストパフォーマンスの悪さには目を瞑るしかない。
 読み所は『Gシリーズ』の外伝と見せかけて、『Vシリーズ』読者へのファンサービスである「刀之津診療所の怪」および、『Vシリーズ』の外伝の「ラジオの似合う夜」だろう。前者は雑誌掲載時とは人名が違っているので、やはり登場人物の名前は訳あって変更したのだろう。少し疑問なのは「檻とプリズム」、ひょっとしてこれは『四季シリーズ』の外伝なのかな。