雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『日本怪奇小説傑作集 1』


日本怪奇小説傑作集1日本怪奇小説傑作集1
紀田 順一郎 東 雅夫

東京創元社 2005-07-08
売り上げランキング : 181914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
asin:4488564011
怪奇小説傑作集』はいったん脇に避け、その日本版に着手してみた。
 収録されている作品は小泉八雲から佐藤春夫までの17作(年代で言えば、1902年〜1935年)。泉鏡花夏目漱石森鴎外谷崎潤一郎芥川龍之介内田百けん岡本綺堂江戸川乱歩川端康成夢野久作といった錚々たる面子が名を連ねている。
 収録作で特に素晴らしいと感じたのは、村山槐多「悪魔の舌」と芥川龍之介「妙な話」。村山槐多に関しては、『回廊』第12号に書評を書いたのでそちらを待っていただきたい。
芥川龍之介「妙な話」この時代の作家のなかでは、芥川龍之介がいちばん好きかもしれない。期待を抱いて読み始めたところ、どうやら語り手が「君にはまだ話さなかったかしら、妙な話があってね……」と実話怪談のように妙な話を語りだすのだ。この妙な話というのも、風情があって良いのだが、本当に素晴らしいのはこの話が語り終えられた後。座って読んでいたのだが、思わず立ちあがって「おおおお」と叫んでしまった。この鮮やかな反転! いやあ、素晴らしかった。