雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

生まれてはじめて読んだライトノベル

生まれてはじめて読んだライトノベルは何か。
「これがライトノベル*1だ」という自覚なしに読んでいたから性質が悪い。
http://d.hatena.ne.jp/sunanotori/20070611/1181490892

 ライトノベルに限らずジャンルを意識して読むのは、読書することに対して自覚的な本読みだけであるように思うので、むしろ「本読みになったのはいつか?」の方が面白い問いかけのように思います。
 まあ、それはさておき自分の場合は藤川桂介宇宙皇子』ですね。小学一年生の頃に角川アニメ版を見たのですが、それが「天上編」の中盤で、ちょうどヒロインの各務が、帝釈天という神さまに寝取られるところでした。当時の自分には、それがあまりに衝撃的で、「神さまがひとの奥さんを奪うのって許されるのか!」と愕然とした記憶があります。しかし、アニメの続きを親に見せてもらえず、続きが気になって気になって仕方がなかったところ、図書室にあるのを発見しました。そう言うわけで生まれてはじめて読んだライトノベル(と言うか、ジュヴナイル?)は『宇宙皇子』ですね。

 書影がぜんぜんなかったので、最終巻。