雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

『うしろ』

 倉阪鬼一郎を読むのはこれで三冊目かな? 絶対に気が合いそうな作家だと思うのだけれど、どの本も今ひとつ乗り込めない。どうしてだろう。感想はこちら