雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

御堂彰彦『“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店』


付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)

付喪堂骨董店―“不思議”取り扱います (電撃文庫)

 オススメされて読みました、御堂彰彦『“不思議”取り扱います 付喪堂骨董店。本編は激烈に面白かったし、最終話は萌え萌えでした。以下、感想抜粋。全文はこちら

 基本、どの作品も『アンティーク』によって運命を翻弄されてしまった人々を描いていたが、最後の一編「プレゼント」だけは、物語によってではなく、キャラクタによって魅せており、芸達者だなと感じられた。