雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

月曜日に立ち戻ってもう一度ばかり考えてみよう

■一昨年からiPhoneで家計簿をつけているのですが、今月は、未だかつてないほどに節約しています。月末が近づいてくると、自らに課している予算が限られてくることで節約を始めるのですよね。すると、自分でも気づかない内にストレスが蓄積され、給料日を過ぎると、つい散財したくなってしまうのです。そうして、また月末が訪れると予算が減ってきて、かつかつになる、と。
■そう言えば、3月16日(金)19時半から京都駅の近くで、京都回廊オフを開催します。主にボドゲの話やミステリの話や創作の話をしつつ、お酒を飲みます。参加希望者はコメントかメールください。ちなみにその前後にボドゲオフもやります。『惨劇RoopeR』『出戻り男土下座地獄カードゲーム』あたりをプレイ予定。
■そんなわけで、京都旅行はあるし、期末に向けて飲み会が増えてくるので、残り予算も一気に消化してしまいそうな予感がある一方、ちょっとくらいボドゲ買ってもいいんじゃないかと思ったりする今日この頃です。以前、気になってるのは4作、『七つの島 第2版』『イノベーション』『ロスト・テンプル』『クリーチャーズみたいなことを書きましたが、そこに『倉庫の街 拡張:波止場の倉庫』が加わりましたと『モンド拡張セット』……。『倉庫の街』は、わりと好きなタイトルで、2011年の初旬は繰り返しプレイした記憶があります。後は、今さら感もありますけれど『クォーリアーズ! 拡張セット1 魔神到来!』『ルーンエイジ』
■『モンド』は今ひとつ面白くないので、そろそろ手放そうと、最近、集中的にプレイしたら「いや、意外に面白いかも?」という気分になり、さらに「どうせ手放すなら、拡張を入れて確認してからでも遅くはないのでは? やっぱり面白くなければ、拡張ごと売ればいいわけだし」という、なんだか駄ループへ。
■『クォーリアーズ!』は、デッキ構築の中では出来が悪いかなと思っているのですが、拡張を入れると安定感が上がるらしく、試したい気分です。面白くなければ(略)。『ルーンエイジ』もデッキ構築の中では、今ひとつな評判なのですが、やはり1度はプレイしてみたいかな、と。それに計4つのシナリオが含まれているらしく、少なくとも4回はプレイすることを思えば、そんなに高くもないのかなあ、と。んがんぐ。
■そういったことを、ぼんやり考えながら、もう少しボドゲ会に顔を出そうと決めました。他のはともかくとして『モンド拡張』と『魔神到来』の2作は、多分、1回プレイすれば満足するような気がするのですよね。その1回のために買うくらいであれば、ボドゲ会で、そのゲームが好きで買っているひとに遊ばせて貰えばいいですし、見つからなければ買って何度も稼動して、減価償却すればいいまでです。と言うわけで、3月20日はリッパーさんのボドゲオフ、3月25日はまんまるに行こうと思います。

クォーリアーズ! 拡張セット1 魔神到来! 完全日本語版

クォーリアーズ! 拡張セット1 魔神到来! 完全日本語版

追記

■よく見たら『魔神到来』には「拡張セット1」とありました。今後、拡張が、どんどん増えるかもしれないことを考えると、早々に脱落しておいた方が良いかも……