雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

水曜日の管理者権限は剥奪されたよ

■昨日は出社して、今日から連休後半。5連休です。
■連休を迎える度に思うことがあります。それは、漫画喫茶で死ぬほど漫画を読みたい! という思いです。学生の頃は、暇を持て余していたので、よく終電が過ぎるまで飲んでは、そのまま漫画喫茶で朝まで漫画を読んで、朝になったらダーツを投げに行って、その後はカフェのソファ席で仮眠を取ったりして、夜になったら、また飲み会……みたいな生活を送っていました。自宅が新宿や渋谷から遠かったという事情もありましたね。
■働くようになって、また、漫画喫茶の窮屈感に耐えられなくなって、最近は年に一回か二回くらいしか行かなくなりましたが、それでも連休になると行きたくなります。あの価格設定が邪悪なんですよね。
西尾維新悲鳴伝を読んでいますが面白いですね。まだ第三話あたりなんですが、最初の内は「きっと、この作品も東北関東大震災の影響云々と言われるのだろうか。でも、大量死だと、ミステリの文脈だと、けっこう、いっぱいあるんだよなあ。清涼院流水『コズミック』とかさ」とかなんとか。
■くぁ、ねみぃ。
■寝るか。

悲鳴伝 (講談社ノベルス)

悲鳴伝 (講談社ノベルス)