雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

スチームパンクなタイル配置ゲーム『ギアーズナイツ』開けてみた

 今回のゲームマーケットにおいて、一際、注目度の高かった高天原さんの『ギアーズナイツ』を買うことが出来ました。
 ルール公開前は『ギルド』と同じ世界観であるだとか、タイル配置だとか、若干、腰が引けていたのですが、公開されたルールを読んだら、もう面白い気配しかしなくて、予約の手を挙げるのに、まったく躊躇しませんでした。

開けてみる


 箱です。
 端正な雰囲気です。



 こちらは裏面です。
 ゲームの風景と説明がびっしり書かれています。
 右下に見える26円のロゴは、26円ゲームズという……なんですかね、同人ボードゲームにおける仲の良いひとたちの集まりみたいなやつです。



 箱を開ける前に、ひとつ注目。
 どう見ても蓋が浮いています。無視できない段差が生じているのが分かります。



 段差に注意しつつ、カッターの刃を差し込みます。



 そしてシュリンクをめくります。ぺりぺりぺり……。



 どん!
 予想していましたが多いです!
 明らかに箱のサイズに比して、内容物が多いです!
 箱の大きさを誤ったのか、サービス精神が旺盛すぎて、コンポーネントを盛り過ぎてしまったのかは分かりませんが、ちょっと残念な感じがします。



 展開してみました。
 ルールブックの他には、キャラシートと追加ルールのカードでしょうか。
 と言うか、ルールを取り除いて気が付きました。カードが斜めに入っています。なんか、もう、限られたスペースに、なんとか押し込んだ感じです。



 ゲームの骨子たるタイルは、こんな感じです。
 タイルの下に隠れていましたがチップもありました。



 タイルのアップ。
 写真だと分かりにくいですが、けっこう厚みがあって、サイズも大きめです。充分なスペースさえ確保できれば、かなり楽しいゲームが遊べそうです。



 カードも展開してみました。
 サイズが微妙なので、スリーブには入れられなさそうです……しょんぼり。

おわりに

 ゲームの中心となるタイルが、きちんと重量感があるのは、とにかく素晴らしいです。
 ただ、コンポーネントに比して箱の小さい感は否めません……。よく、ゲーム会にボードゲームを持参するにあたり「圧縮する」と表現して、違う入れ物に入れることがあります(ドミニオンカルカソンヌ等)。しかし、このゲームの場合は別ですね。元々ある箱はタイル以外のコンポーネント専用として、別にタイルを格納する箱を用意した方がいいかもしれません。
 ちょっと100円ショップで探してみようかな……。
 ゲーム自体の感想は、またいずれ。

追記

 記事をアップした数分後に高天原さんに教えて頂きました。補足、早い!!