雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第18回「ミスボド」レポート

 先週末の土曜日はミスボドでした。
 公式のレポートは公式のブログにあげましたので、こちらでは秋山が遊んだゲームを紹介したいと思います。

ウサギの儀式


(インスト:10分、プレイ時間:20分)
 ミスボドは13時開始ですが、それからずっと慌ただしかったり、受付に座ったりしていて、18時近くなって、ようやく最初のゲームです。
 と言うわけで、ショーナンロケッティアズさんの少し前の作品。
 いわゆるドラフト系カードゲームで、シンプルな読み合いを楽しむゲームです。ルールを読んだときは、もやっと感がありましたが、実際に遊んでみると、けっこう考えどころがはっきりしていて、明瞭なゲームだなと感じました。
 災厄が発動すると、チップがプレイヤから場に戻ってしまい、終息性が悪くなるように感じますが、今回、災厄が3回発動したものの20分で終わったことを考えると、ちょうどよいバランスなのかもしれません。
 危ないところでしたが、運が良かったこともあり、勝つことが出来ました。さっくり遊べるので、4人集まったら、また遊んでもいいですね。
(秋山勝利、ちんじゅうさん、たけださん、うべさん敗北)

ビッグコイン作戦


(プレイ時間:5分)
『ウサギの儀式』を終えたところで、遊んでいるところが見つかってしまい、クロマさんに「これを遊びましょう、ダイビキダさんと!」と誘われて、クロマさんとではなく、ダイビキダさんと遊ぶことになりました(笑
 クロマさんは、ここ数回、必ずレトロ感のあるゲームを持参されていますが、コレクションの中でも、このゲームが、いちばん好みかもしれませんね。
 いわゆるパチンコ風のゲームで、交互にピンを抜いて、コインの動線を作ってあげながら、いかに自陣にコインを呼びこむか競うゲームです。アブストラクト風でありながら、不可解な動きによるランダム性もあり、かなり、自分の好みのボードゲームに近かったです。
 途中まで、ダイビキダさんが仕組みを理解されていなかったこともあり、ありがたくコインを頂いて勝利しました。
(秋山750点、ダイビキダさん350点)

おわりに

 と言うわけで9時間の会の内、遊んだ時間は、だいたい30分です。
 もう少し受付周辺で遊んでも良かったのですが、ちょっと疲れていたこともあり、こんな感じで。先週は、平日に色々ありまして、ぐったりにゃんこしたいところ新幹線に乗って帰京してからのミスボドだと、やっぱり体力的にきついですね(よろよろ