雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

話題の量子人狼を、かんたんに説明します

f:id:sinden:20170729214807j:plain
 Twitterで、さたもとさんが「量子人狼やりましょうー」とpostしていて、試しに遊んでみたら激烈に面白くて、その旨をpostしたら、凄まじい勢いでRTされて、後にトゥギャッターでまとめられて、はてブを稼いでいて、それを見たひとが「量子人狼って何だ!?」ってなっていて、とにかく話題なわけですが、さっと確認したところ、量子人狼が何であるか説明しているところがないので、かんたんに、かんたんに説明してみたいと思います。
 尚、分かりやすさを重視するので、確率まわりに関して、いくつか間違いがありますが、そこは空気を読んでください。

発端

 英語のページなので、真剣に読み込んでいませんが、元々はパズルコンペティション2008において提出されたゲーム案だった様子です。

Quantum Werewolf is a game invented by the creator of the puzzle Schrodinger's Wolves.

http://puzzle.cisra.com.au/2008/quantumwerewolf.html

 日本語に翻訳されたものが、こちらにアップロードされていました。

この記事はhttp://puzzle.cisra.com.au/2008/quantumwerewolf.htmlのゲームルールを翻訳したものです。
一部翻訳漏れがあります。

http://sankaku-puzzle.sakura.ne.jp/translation/gamerule/Quantum_Werewolf.html

 上記ルールに、独自の解釈を加え、ネット上で遊べるようにしたのが、月下人狼さんです。

量子人狼について
このサーバーでは量子人狼がプレイ可能です。量子人狼の原案はQuantum Werewolfです。

http://jinrou.uhyohyo.net/manual/quantumwerewolf

 現在、ネット上で、よく遊ばれており、話題になっているのは、月下人狼さんの量子人狼ですので、手っ取り早くルールを知りたい方は、最後のリンクだけ確認すればOKです。本エントリでは、かんたんに説明すべく、分かりやすく噛み砕いたり、例を交えたりして説明します。
【追記】本エントリで説明しているのは原案ではなく、月下人狼さんの量子人狼についてです。

量子人狼とは

 量子人狼とは村人、人狼、占い師のみで構成された人狼で、編成は狼が2匹、占い師が1人、残り全員が村人となります。
 ゲーム開始時、プレイヤは全員、量子人間であり、全員が均等に、それぞれの役職である可能性を有しています。

■例
 10人で遊んでいるとき、全プレイヤは80%村人で20%人狼という状態。

勝利条件

 通常の人狼と同じように、村人と占い師は村人陣営として、人狼は人狼陣営として戦うことになります。最終的に自陣営が勝利条件を満たせば、途中で死亡したとしても勝利することができます。
 基本的に、生きている間は量子人間であり続けるため、死亡して初めて役職が確定します。

■雑学
 シュレディンガーの猫は、箱を開けた瞬間に、生きているか死んでいるかに収束し、それまでは50%生きている。

役職の確定の仕方

 役職は死亡したときに確定します。
 確定方法はランダムです。
 ただし、その時点における確率表に応じて、人間に収束しやすかったり、人狼に収束しやすかったりします。
【追記】処刑死および突然死の場合はランダムですが、襲撃死の場合は100%人間に収束します。

■例
 人間率80%、人狼率20%の場合、80%の確率で人間に収束し、20%の確率で人狼に収束。

役職が確定したらどうなるの?

 村人に収束した場合、本人には、これと言って何も起こりません。地上で繰り広げられる戦いを墓下から観戦します。関係するのは、そのひとを以前に占ったことのあるひとです。そのひとに黒を出していた占い師は、占い結果が誤りであったことから逆説的に占い師ではなかったことになり「占い師である」という可能性が失われ、以後のゲームにおいて占うことができなくなります。
 占い師に収束した場合は、大きく2つのことが起こります。ひとつは、今までの占い結果がすべて正しかったことになるので、人間判定が出されたひとが100%人間になり、人狼判定が出されたひとが100%人狼になります。もうひとつは、真占い師が確定したことで、他のプレイヤから「占い師である」という可能性が失われ、以後のゲームにおいて占うことができなくなります。
 人狼に収束した場合も、大きく2つのことが起こります。ひとつは、今までに襲撃先として指定してきたプレイヤが全員、無惨な死体となって襲撃死します。通常の人狼ですと、1晩に1人ずつ襲撃された死体が現れますが、量子人狼の場合、人狼に収束した瞬間に襲撃死の処理がされることになります。もうひとつは「狼同士は襲撃できない」の原則に則り、人狼に収束したひとを襲撃先に指定していたひとが100%人間に収束します。

■例
 Aさんは、BさんとCさんに白を出し、Dさんに黒を出していました。
 Dさんは、BさんとCさんを襲撃先に指定していました。
 Aさんが処刑された死亡した結果、占い師に収束しました。
 Aさんの占いに基づき、BさんとCさんが人間率100%になり、Dさんが人狼率100%となります。
 Dさんが人狼に収束したので、襲撃死の処理が行われ、BさんとCさんが死亡します。

死亡率とは

 確率表における死亡率とは、自分がどれだけ襲撃先に指定されているかです。
 襲撃先として指定されればされるほど死亡率が上がっていきます。

■例1
 11人で遊んでいるとき、誰の襲撃先にも指定されていない場合、死亡率は0%です。
 11人中5人に襲撃先として指定された場合、死亡率は50%になります。
 11人中10人に指定された場合、死亡率は100%となり、誰が人狼に収束しても襲撃死することになるので、人狼に収束するひとがいなくても襲撃死します。

占いについて

 確率表は占ったり占われたりすることによっても変動します。
 しかしながら、占い師率のパラメータは隠されているため、今のところ正確には分かっていません。試行錯誤を繰り返し、誰かが解き明かしてくれるでしょう。

中休み

 説明としては以上となります。
 少しでもイメージが伝われば良いのですが……不明点あったらコメントください。

量子人狼の遊び方

 最後に、量子人狼の遊び方について。
 処理の煩雑さから、オフラインでプレイすることは、まず不可能でしょう。現状は、月下人狼さんのところでのみ遊べると言っても過言ではないと思います。
 ここ数日で立っている村の多くは、身内で立てている鍵村か、Twitter上で呼びかけて立てられている村の2種類があるように思います。こまめに「量子人狼」で検索していれば、村立て人のpostを見つけられるかもしれません。秋山も余裕があったら立てますので、お時間ありましたら一緒に遊びましょう。その場その場で説明も随時、行っていきます。

終わりに

 と言うわけで、量子人狼について、でした。
 人狼は時間の経過と共に、実証を経て確立されたセオリーが蓄積し、ひとによっては敷居の高いゲームとなってしまいましたが、量子人狼は、今まさに解明されようとしているところです。まだまだ不明点が多く、変な話、ゲームと呼べるのかどうかも不確定です。
 果たして量子人狼が、何に収束するのか。
 注意深く、観測したいですね。