雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

第37回「ミスボド」_2015_0627

 先月末は、東京でミスボドでした。
 例のごとく、こちらでは秋山が遊んだゲームの感想になるので、ミスボド自体のレポートは公式ブログをご覧ください。

トゥイッグ


 最初に遊んだのは、けがわさんに誘われてネスターゲームの新作『トゥイッグ』。
 早い時間に受付で遊ぶのは好まないので、けがわさんに受付の中に入ってもらい、椅子の上で遊びました。
 お互いに5本の線を組み合わせたプラスチック片を持ち、交互に配置していきます。六つの辺を持つ、いわゆるヘクスを頭の中に思い描き、その上に置いていくようにして、ひとつの閉じられたセルが出来たときに判定を行います。判定の結果、六以上の辺の内、自分の色が過半数を占めていた場合は1点を獲得します(目印にトークンを配置します)。最終的に得点の多い方が勝利します。
 効率的に得点化を目指すのがポイントでしょうか。1回の配置で、2個の六角形を同時に作ることができれば2点を得ることができます。最初のプレイでは、勝手が分からず、けがわさんの独走を許してしまいました。
(けがわさん13、秋山11)
 プレイ後、脇で見ていた、りょうさんが興味を示したので、今度は、りょうさんと遊ぶことに。
 あまり考えこむのは好まないので、さくさく打っていたら、熟考型のりょうさんに対し、大敗を喫しました。点数の記録を失念しましたが、3点差くらいだったと思います。すべてのコンポーネントがプラスチック製なので、場所を選べず遊べるのが良いですね。

カルカソンヌ


 終了間際、chocoxinaさんに誘われたので、一も二もなく遊ぶことに。
 東京のミスボドでも、協議カルカソンヌが盛り上がると嬉しいですね。
(秋山95点、chocoxinaさん74点)

終わりに

 この他に、紫煙さん、yasさん、ぶーさんと一緒に『グランブルーファンタジー』の共闘エストを遊んだりもしました。ほんとうは、しんぺーさんと『乖離性ミリオンアーサー』の、みんなでクエストが遊びたかったのですが……来月こそは!