雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

トレンディエンジェル斎藤さんの無罪を勝ち取れ『人気よしもと芸人殺人事件』の感想


f:id:sinden:20190303193813j:plain
 2019年2月28日の東京公演を皮切りに始まった、SCRAPが送るホール型のリアル脱出ゲームの全国公演『人気よしもと芸人殺人事件』早速、遊んできました。
 今回は『逆転裁判』のコラボであると同時に、吉本興業のトレンディエンジェル斎藤さんとレインボー実方さん、池田さんも出演するという豪華な形式でした。
 最初に書いておくと、かなりオススメ度が高いです。尚、基本的には感想で、ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

公演の概要

 ホール型と言われる形式で、6人1チームとなって、テーブルを囲んで遊ぶタイプのリアル脱出ゲームです。公式サイトからチケットを購入し、開演時間の10~30分前にある開場時間に現地に行って遊びます。
 5人以下でも参加が可能で、その場合は、同じく5人以下でチケットを取った参加者とチームを組んでの挑戦になります。
 年間100脱出の内、だいたい90脱出を、ぺこらさんと2人で参加していますが、今回は、はろさんにお声掛けいただいて6人固めて参加してきました。ありがとうございます。

ストーリー

お笑い番組のリハーサル中、
人気よしもと芸人が殺害された。
容疑者はトレンディエンジェル・斎藤司。
「お、俺は犯人じゃない!
おまえら……俺を誰だと思ってるんだ! 斎藤さんだぞ」
渾身のギャグもむなしく、斎藤は逮捕されてしまう。
クセモノ共演者たちの証言も、モノボケで使った証拠品も、
すべてが彼の犯行を裏付けていた。
このままでは有罪は確実!
絶望的な状況の中、弁護を引き受けた
成歩堂と助手のあなたは、お笑いのネタやお約束を駆使してムジュンをつきつけていく。
裁判終了まで1時間!


はたして真犯人によって巧妙に仕組まれた
台本(シナリオ)の罠を見抜き、
真相(オチ)にたどりつくことができるのか?

https://realdgame.jp/gyakuten2019/

 プレイヤは、弁護士・成歩堂龍一と協力関係にある弁護士として、斎藤さんを弁護します。プレイ時間60分の過程で、芸人になりきって台本を元に、事件発生時のシチュエーションを再現して、ムジュンを探し出します。
 YouTubeで検索すれば、トレンディエンジェルやレインボーのコントは見られるので、事前に10分でも時間を作って予習しておけば、より楽しめるかもしれません

システム

 司会の森さんが、冒頭に「今回はリアル脱出ゲームというより、リアル逆転裁判かもしれません」とおっしゃっていましたが、まさしくその通りで、普段の小謎を解いて、中謎を解いて、大謎を解いていくと言うより、証人の証言とムジュンするアイテムを見つけ出し、それを突き付けてストーリーを進めていく、ゲームの『逆転裁判』をリアルに体験する感じでした
『逆転裁判』の予習という観点では、アニメを少し見るか、ゲームを遊ぶのであれば『逆転裁判123 成歩堂セレクション』がオススメです。3DS、PS4、Switchといった各機器の他、スマートフォンアプリもリリースされており、遊びやすいです。特に最初のシナリオは無料なので、とりあえず無料で遊んでみて、気に入れば続きを買う、ができます。

難易度

 難易度は、かなり高めに感じました
 上述の通り、メンバーを固めて参加したので、6人が6人とも謎解きに慣れているはずでしたが、最終的に30秒残しでのギリギリ脱出成功という結果で、けっこう危なかったです。
 秋山が参加した回の脱出率は、

参加チーム:14
成功チーム:8
成功率:57%

 でしたが、ほんとうに、耳を疑いました。
 確かにノーヒントで駆け抜けたので、ちょっとずつ詰まったり、少しですが渋滞に巻き込まれて時間をロスしましたが、大きくドンづまって6人が沈黙するという瞬間はなかったです。半分以上のチームが脱出成功したのは、やはり開始2日目で謎解き上級者が、揃っていたからこそでしょう。

感想

 さて、公演の感想ですが、冒頭にも書きましたが、かなりオススメ度が高いです。
 端的に言って傑作だと感じました。非常に好みのタイプの公演でした
 正直、遊ぶ前の期待値は低かったです。お笑いがテーマで芸人さんがゲスト出演しているということで、いわゆる茶番系の公演ではないかと思ったのです。実際、東京ミステリーサーカスの4階で開催されていた『中間管理録トネガワ』とのコラボ脱出も、難易度は低く、楽しく盛り上がれる茶番要素の強い公演でした。今回も、同じ方向性であろう……そう思っていたのです。
 が! 実際には、まったく違いました。
 確かにお笑いがテーマなので、茶番要素はありましたが、物量も凄まじく、ふだんは要求されないような思考や処理も求められ、終始、頭を使いつづけました。最後は上述の通りギリギリゴールだったので、多少、息切れしつつ何とか脱出成功できた感じです。いわゆる、いちばん気持ちいいやつです
 見た目はイロモノですが、とにかく最高で、とにかくオススメです

グッズ

f:id:sinden:20190303194057j:plain
 いつも通り、グッズがめちゃくちゃ充実していました。
 定番の脱出成功/失敗ステッカーに、クリップボード、謎付きクリアファイルを筆頭に、今回はTシャツやアイマスクなど凝ったものもありました。


f:id:sinden:20190303194154j:plain


 個人的に、ちょっと惹かれたのはマグカップ。
 ゴドーは好きなキャラクタですし、価格も1500円と手頃だったので、どうしようかなと思いましたが、レジに行列もできていたので、今度、立ち寄ったときでいいかなと踏みとどまりました。


f:id:sinden:20190303194234j:plain


 謎付きクリアファイルは全3種で各800円で、全種セットにすると3200円。え? 高くなってない!? と思ったら、全種セットを買ったときにだけ、幻の4つ目として最高難度の御剣怜侍の柄がついてくるみたいです。
 後で知ったのですが、オリジナルグッズを合わせて3000円以上、購入すると成歩堂法律事務所のロゴが入ったオリジナルボールペンが貰えるので、謎付きクリアファイルセット3200円はありだったかもしれません……。

公演パンフレット

f:id:sinden:20190303194343j:plain
 今回は、公演パンフレット付きチケットというのがありまして、それを購入すると受付時にネタバレ要素を含む公演パンフレットがもらえる仕組みでした。
 ディレクターインタビューや声優コメント、制作過程の紹介など興味深い情報が満載でした。おまけ謎も1ページでしたが収録されており、公演が終わった後も、楽しい時間が続きます
 個人的には、今回の公演のために撮り下ろされたパートの台本が、まるっと乗っていたのが良かったです。真ん中くらいの席だったため、前のテーブルのひとの頭でスクリーンが隠れてしまい、完璧に楽しめなかったのですが、台本という形で追体験できてよかったです。
 それと、スペシャルコメントとして、斎藤司のコメントになぜだかグッと来ました、

いまをときめくひょっこりはんでも、千鳥さんでも、くっきーさんでもなく僕を容疑者にしてくれてありが頭皮!!

団員先行予約特典

f:id:sinden:20190303194418j:plain
 こちらは、SCRAP少年探偵団というファンクラブ加入者が、団員先行予約期間中に予約した場合、現地で貰えるオリジナルのグッズ。
 穴の空いているところに親指を突っ込んで支えると、自然と「異議あり!」ができる面白グッズです。気に入ったので取っておきます。

一緒に遊んだぺこらさんのコメント

ギリギリだったけれど、脱出できて良かったと思う。けっこうやることが多くて大変だったよね、今回はさすがに脱出できないかと思ったよ

そうね、残り10分のアナウンスがあったときに、ぜんぜん大謎に辿りつけてなくて「えっ、嘘!?」って思わず言っちゃったよ

撮り下ろしがけっこうあって、豪華だった

豪華と言えば、小物もすごかったね。受付を済ませて、テーブルについた瞬間に「今回、お金が掛かってますね」って言っちゃったもの

終わりに

f:id:sinden:20190303194552j:plain
 と言うわけで『人気よしもと芸人殺人事件』の感想でした。
 お笑いがテーマだったので、茶番系かと思いきや、難易度高めの公演で気に入りました。公演期間は約3ヶ月。オススメですので、是非、遊んでみてください!