雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

参加者全員がライバル!?HUNTER×HUNTERコラボ『ハンター試験からの脱出』の感想


f:id:sinden:20190310185540j:plain
 2019年3月9日の東京公演から始まった、SCRAPが冨樫義博『HUNTER×HUNTER』とコラボして制作したリアル脱出ゲーム『ハンター試験からの脱出』を遊んできました。
 大阪、名古屋、福岡、札幌でも開催が予定されている全国で遊べる謎解きです。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

概要

 いわゆる、通常のリアル脱出ゲームとは、ちょっと趣きが異なる公演です
 参加人数は1~4人であれば好きな人数で言われており、ソロや2人で参加した場合は、そのまま少人数で臨んでも構いませんし、同じく少人数で参加した他の方とチームを組んでもOKという仕組み。SCRAPの他の公演で言うと、夜の遊園地シリーズに代表されるスタジアム型に近しい感じです。
 激しく動き回るので、スカートやハイヒールは非推奨。荷物もできるだけ少なくするか、クロークを利用した方が良いでしょう。

難易度(秋山が参加した回)

 ハンター試験の合格者は、ぴったり30名でした。
 総参加者数は不明ですが、

各回100名ほどが同時に参加します

http://realdgame.jp/hunter2019/ticket/tokyo/

 と記載があるので、仮に100名だとすると脱出率は30%と言えるかもしれません。

感想

f:id:sinden:20190310185636j:plain
 良い意味でも悪い意味でも、原作らしさがありました
 ハンター試験編はもちろん、ゲーム的要素を含むグリードアイランド編もそうですが、ゴンとキルアの冒険は、その多くが情報不充分なままスタートし、まずはルールを模索するところから始まることが多いように感じます。
 たとえば序盤のハンター試験編でたとえると「まずは会場まで移動します」と言われて、ひたすら暗い坑道を何時間にもわたって走らせれることになったり、「寿司を作ってきて」と言われて寿司ってなんだ!? と頭を捻らせたり。
 これと似たようなイメージで、試験の課題が与えられるけれど、なにをどうすればいいのか、さっぱりなんですけど!!??? みたいな。
 振り返って考えてみると、いかにもハンター感があるのですが、実際には、けっこう放り出される感があるので、ひとによっては苦痛かもしれません
 後、SCRAPのリアル脱出ゲームって、その多くが物語の主人公になれる体験を与えてくれると思っていますが、今回は、与えられた役割は主人公ではなくモブだったのでは? という印象です。


 難易度的には、どうでしょう。
 個人的には得意中の得意でした。
 だいたい大謎はギリギリまで苦戦して、ラスト1分くらいで解けるものですが、今回は瞬殺できて同じ時間帯のなかでは最速でした。

オリジナルグッズ

f:id:sinden:20190310185652j:plain
 SCRAPお得意のオリジナルグッズの数々。
 定番の脱出成功・失敗ステッカーの他、謎付きクリアファイルや、パーカー、クリックボードなど。
 クリックボードは公演の最中にも使いましたが、ポケットがついていて、いろいろ挟めるので便利でした。厚みもあって、鉛筆を挟むこともできましたし、手触りもよかったので、使い勝手の良いA5サイズの手帳型クリックボードを探しているひとはありかもしれません
 その他、ドリンクボトルやスマートフォンケースも、デザインが良い感じで、脱出ファンというより、原作ファンの方が喜びそうな印象でした。
 3000円以上の購入で、ノベルティトートバッグが貰えるらしいので、何か買う予定の方は、うまく金額を工夫すると良いでしょう。

オリジナルフード

f:id:sinden:20190310185558j:plain
 1階のyeloCAFEでは原作とコラボしたオリジナルフードが販売されていました。
 yeloのかき氷ってけっこう好きなので、オリジナル消しゴムも貰えると聞いて買おうかなと思ったのですが、秋山が参加した日は、ちょっと涼しかったこともありスルーしました。


f:id:sinden:20190310185615j:plain


 代わりにと言ってはなんですが、一緒に参加したあかまどうしさんが心源流・水見式ドリンクを買っていたので、記念に写真だけ撮らせてもらいました。
 オリジナルグッズを買ったり、フードを買ったりすると謎解きカードを貰うことができ、公演終了後に貰える台紙と組み合わせると謎が解け、それをクロークカウンターに提示すると「ズギューンステッカー」が貰えます。秋山は、うっかり交換を忘れて帰宅してしまったので写真はありませんが、ヒソカファンの方は要チェックです!

団員先行特典

f:id:sinden:20190310185709j:plain
 SCRAPのファンクラブ、少年探偵団がチケットを購入できる先行期間中に購入すると、会場で貰うことができる特典グッズ。新人受験者の証という腕章。
 特に、これと言って特徴はない、ただの腕章なのですが、どちらかと言うと、これをくれた人物の方がポイントで、原作既読者的には、くすっと来る仕掛けでした。

脱出成功者特典

f:id:sinden:20190310185740j:plain
 特典という表現が正しいかどうかは不明ですが、脱出に成功すると、ハンター試験に合格した証として、ハンターライセンスを持ち帰ることができます。
 原作では、けっこうな難易度の試験をいくつも突破しないと入手できないものですし、売れば相応の大金になるので、なんだかとても貴重なものを貰った気がして、とても誇らしいです。良いものを貰いました。

【3月29日追記】ズギューンステッカー

f:id:sinden:20190329195058j:plain
 すっかりブログを更新し忘れていましたが、パンフレットを買ったタイミングで、ズギューンステッカーも貰っていたのでした。
 こんな感じです。

【3月24日追記】公演パンフレット

f:id:sinden:20190324233822j:plain
 公演の様子を振り返ったり、ここでしか読めないインタビューやメイキング、おまけ謎などが収録されている公演パンフレットですが、今回は、ちょっと内容的に薄かったかな、という印象です。
 今まで、盲目的に公演パンフレットは、必ず買っていましたが、そろそろ悩んでも良いかもしれないと思い始めました。

一緒に遊んだぺこらさんの感想

こういうスタイル、増えるのかなあ。机、使わないやつ

いわゆるモンハン脱出スタイル?

モンハンは良かったよね。肉は回せなかったけどね

ハンター試験からの脱出は、どうだった?

私は、あんまり好きじゃない

確かに。途中で、ちょっとテンション落ちてたよね……

終わりに

f:id:sinden:20190310185723j:plain
 と言うわけで、ちょっと賛否両論あるかもしれませんが、リアル脱出ゲームではなく、リアルハンター試験として、原作世界を体験したのだと思うと、良かったかなという印象です。
 これから全国で公演が開催されますが、無事の合格を祈ります!

合わせて読みたい

 他にも、リアル謎解きゲームの感想を書いています。こちらは、今日現在、遊べるものだけをまとめたもの。是非、どうぞ。