雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

未来を救え『謎解き花小町』の感想


f:id:sinden:20190323104521j:plain
 takarush BLACK LABELが浅草花やしきを舞台に展開している周遊型のリアル謎解きゲーム『謎解き花小町 時をつなぐ不思議な電話』を遊んできました。
 厳密には未クリアですが、実質クリアなので感想を書くことにします。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

概要

 日本最古の遊園地である、浅草花やしきの中でだけ遊べるリアル謎解きゲームです。
 参加費は1200円ですが、まずは花やしきに入る必要があるので、別途入園料が必要となります。
 形式は周遊型なので、何人でも時間制限なく遊ぶことができます。ただし、回答受付は閉園30分前までなので、その日のうちにクリアできなかった場合は、後日、再度入園料を支払って花やしきに入ったうえで、回答する必要があります。

ストーリー

ある日、花やしきを訪れたアナタは、不思議な携帯電話のようなものを見つけました。それは古いアトラクションで使われていたもので、電源すら入らないため、今では単なる飾りとして置かれていました。


ふと、何か不思議な力に導かれて、アナタはその携帯電話の電源をオンにしてみました。すると、点かないはずの電源がオンになり、「伝言受信中」という表示とともに、その携帯電話からなんとも奇妙な機械音が流れてきました。恐る恐るメッセージを開くアナタ。そこには不思議なメッセージが届いていました。


「こちら未来から緊急メッセージを送っていマス。今こちらでは大変なことが起ころうとしていマス。私たちが愛する『HANAYASHIKI』の全てのアトラクションが、動かなくなってしまいマシタ。このままでは取り壊しになってしまいマス。そして、そのことによって、未来は終わり無き宇宙戦争に巻き込まれてしまうのデス!このメッセージを受け取った方にお願いしマス。どうか私の願いを聞いてくだサイ!」


未来から送られたというそのメッセージに、正直信じられない気持ちを持ちつつも、なぜか無視できない気がしたアナタは、その誰からかもわからない願いを叶えてあげることにしました。

http://blacklabel.takarush.jp/event/hanayashiki/

 その他、サイトには「インターネット接続が可能なスマートフォンまたはタブレット端末が必要です」と記載がありますが、スマホやタブレットが、上記ストーリーにおける不思議な携帯電話となり、自分の端末を用いて未来人と会話しながら謎を解き、ストーリーを進めることになります

難易度

 なかなかの歯ごたえでした!

【難易度】  ★★★★★☆
【距離】   ★★☆☆☆☆
【ボリューム】★★★★★☆

 想定プレイ時間も2~3時間とありましたが、これを2時間で突破できるのは、なかなかの早解きです。

感想

 takarush BLACK LABELの周遊は、マジで安定感がありますね!
 今のところ、まったく外れがないと言うか、毎回、謎に対して新鮮な驚きに満ちていますし、ストーリーもグッと来るものが多いです
 今回は、特に時間をテーマに扱っており、あらゆる時間物を偏愛する秋山としては、もう途中からウキウキしすぎてしまいました


 唯一、もったいないと感じたのは、自分自身のコンディション。
 実は秋山が花やしきを訪れたのは、このイベントのためではなく、WAR→Pの公演に参加するのが主目的だったのです。WAR→P公演の合間や、終わった後にせっせと進めたのですが、ちょっともったいないことをしてしまいました。
 クォリティ的には、この周遊のためだけに花やしきに入園するのは、全然あり! という感じなので、ちょっと片手間になってしまったことを後悔しています
 しかも、最終回答に至ったのは閉園ギリギリで「なんとか間に合った!」と思ったら、回答受付は閉園30分前で、提出できないことを知ったときは、がっくりと来ました。
 その後、ヒントページを確認したら、解説ページが用意されていて、大謎も含めて丁寧に解説されていたので、それを見て満足しましたが、ちゃんとクリアの報告ができていないことは少し心残りではあります。
 後は提出するだけという状況なので、さすがにそのためだけに花やしきの入園料を払う気にはなれず……また、他に機会があれば一緒に済ませたいなと思っています。

一緒に遊んだぺこらさんのコメント

意外に時間が掛かったよね。WAR→Pと同じタイミングでやるべきではなかった。後、寒かった

日が暮れてから、急激に寒くなったよね

最終受付時間には騙されたよね。間に合ったと思ったら、ぜんぜん閉店してた

あれね。今まで、いくつもの謎解きに驚かされてきたけれど、あそこまでの驚きはなかったよ

絶望だったよ。花やしきは閉まるのが早いよねー

終わりに

 と言うわけで、厳密には未クリアですが、99%楽しませていただきました!
 takarush BLACK LABELの周遊が、やっぱり確実に面白いことを再確認したので、今年も、しっかり追っていく所存です。

合わせて読みたい

 他にも、リアル謎解きゲームの感想を書いています。こちらは、今日現在、遊べるものだけをまとめたもの。是非、どうぞ。