雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

Escape from The NINE ROOMSの持ち帰り謎『ROOM ZERO』の感想

f:id:sinden:20190324233108j:plain
 2019年3月15日、横浜駅南にオープンしたアソビル。その2階に入っている、横浜ヒミツキチオブスクラップで遊ぶことができる謎解きアトラクション『Escape from The NINE ROOMS』のオリジナルグッズとして販売されている持ち帰り謎の『ROOM ZERO』
 早速、購入して遊んでみました。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

概要

 場所を選ばず、どこでも遊ぶことができる、いわゆる持ち帰り謎です
『Escape from The NINE ROOMS』のグッズということで、同イベントの会場に由来して六角形の形をしているのが特長です。
 内容はイベントに関係ないので、まだ『Escape from The NINE ROOMS』を遊んでいない方が遊んでも大丈夫です。

感想

 プレイ時間は50分ほど
 SCRAPの謎つきクリアファイルは、5分~15分で解き終えられてしまうものが多く、歯ごたえ的には控えめなものが多めです。そのため、いつも買うべきか買わないべきか少し迷ってしまうのですが、今回は見た目が洒落ていて良さそうに思えたことに加え、新施設の新グッズなので、きっと気合いを入れてくれているであろう!
 そう、願いを込めて購入しましたが、当たりでした。


 難易度的には、そこそこでしょうか
 初見で瞬殺できるものもあれば、そうでないものもあって、けっこう苦戦した場面もありました。
 一部、ちょっと勘違いしてしまい、無駄に時間を使ってしまいましたが、慣れている方でも短くて30分、不慣れた方であれば1時間半は楽しめるでしょう

Escape from The NINE ROOMSの感想

『Escape from The NINE ROOMS』自体も遊び済みで感想を書いています。
 よろしければ、是非、こちらも。

終わりに

『Escape from The NINE ROOMS』で初めて謎解きに触れて、もう少し謎を解く快感を味わいたい……! という方は、マストバイな1作です。


うっ、六角形……六角形の謎……うっ

え、なに?『DUO TILE』のこと?

なに、それ!? ううう、思い出せない……ま、茶番はさておき、面白かったんじゃないかな。ところで、SCRAPの持ち帰り謎について分かったことがあるよ

なに?

価格帯でだいたいプレイ時間が分かる

え、どういうこと?

800円のコラボクリアファイルは500円がキャラ代だから、謎は300円。300円だと5分から15分。でも、これはコラボじゃない。しかも1000円を越えてる。だから1時間、遊べる

お、おう

どうでしょう、この仮説?

良いと思う……

合わせて読みたい

 SCRAPが手がけた謎解きイベントやグッズの感想を、こちらのカテゴリでまとめています。よろしければ、どうぞ。