雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

カラフルなチョコを作って売ろう『三ツ星ショコラティエ』の感想


f:id:sinden:20190413125341j:plain
 ななつむさんのゲームマーケット2018秋の新作『三ツ星ショコラティエ』を遊びました。
 2人から4人で遊べるボードゲームです。


f:id:sinden:20190413125803j:plain


 ゲームの流れは、セットコレクションとミッション達成です。
 まずはダイスを振って、出目の分だけチョコピースを獲得します。次に、所持しているチョコピースを組み合わせ、ひとつのチョコレートを作り、その形のチョコを求めている顧客に提供することで、点数を獲得します。このとき、提供したチョコがカラフルであったり、きれいな見た目であればボーナス点が獲得できます。
 ゲームを彩る要素としてスキルカードがあり、これ駆使することで出目を操作したり、他プレイヤからチョコピースを奪ったりもできます。


f:id:sinden:20190413130123j:plain


 チョコピースを集めて、それを組み合わせてミッションを達成するという流れは好みでしたが、ややダイスによる運要素が高めに感じました。
 特に、こちらが1~3の出目しか出せないうちに、外プレイヤが4~6の出目を出すと、どんどん先にチョコレートを作られてしまい、達成しようと思っていたミッションが先に達成されてしまうのです。遅れているプレイヤが、先行しているプレイヤを追いにくいデザインです。


f:id:sinden:20190413130618j:plain


 ミッションの中には、得られる点数は低めだけど達成しやすいものはあるので、ダイス目に恵まれずとも、難易度の低いミッションで数をこなし、スキルを育てて後追いというルートがあるにはあるのですが、ちょっと弱いかなとも感じます。
 どちらかと言うと、あんまり深いことは考えず、とにかく好きなようにチョコレートを作って、勝ち負けは気にせず過程を楽しんだ方が良いゲームかなと感じました。


カードを引いても欲しいカードは来ないし、ダイスを振ってもいい目は出ないし。なんでよ!!

ご、ごめん

しょんぼりぼりぼりだよ

なにそれ新しいね

板チョコをかじってるんだよ。ぼりぼりね

あ、そういうこと

やっぱり、ぱりぱりにしておいて、しょんぼりぱりぱり……あっ、ぱりぱりって言うとパリっぽいね、ショコラティエっぽいよ!

今度、美味しいチョコを買って帰るよ