雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

シンプルながら奥深いとはこのこと、傑作『ジュエルディガー』の感想

f:id:sinden:20190413133253j:plain
 するめデイズさんのゲームマーケット2018秋の新作『ジュエルディガー』を遊びました。
 2~4人で遊べるタイルゲームです。


 傑作、ではないでしょうか?
 あらゆる観点からレベルを高く感じました


f:id:sinden:20190413134317j:plain


 実は、最初は油断していました。
 と言うのも、ルールブックに下記のような記載があったのです。

シンプルなルールが鋭いジレンマと驚くほど多彩な戦略性を生み出し、
やればやるほどに面白さを増す、「ジュエルディガー」の世界へようこそ!

 なかなか大上段からのメッセージです。
 しかも、初作品の団体ではなく、多くの実績を持つするめデイズさんの新作です。
 よっぽどの自信があるのだろうなと思いつつ、その一方で「いやいや、さすがに」と思いながら遊び始め、数ターンが過ぎる頃には、なるほど、これはと得心しました。


f:id:sinden:20190413134448j:plain


 ルールは、ぜんぜん違うんですけれど、プレイ感としては『カルカソンヌ』に近しいところを感じました
『カルカソンヌ』を最初に遊んだのは4人か5人プレイだったと思いますが、タイルをつなげるという行為が単純に楽しい、運要素の強い、パーティゲームだと感じました。他プレイヤと結託して大都市を作るのも良いですし、ひとりで黙々と道を伸ばすのも楽しかったです。
 けれど、ある時、2人で遊ぶ『カルカソンヌ』の面白さを知って、目からウロコでした。
『ジュエルディガー』は、まさに、あのときと同じ感覚を覚えました。


f:id:sinden:20190413134653j:plain


 ルールはですね、シンプルなんですよ。
 2つ持っているタイルの内、どちらか片方だけを配置するだけ。そして、残っていればコマを配置してもよい。
 あるいは、配置済みのコマを回収して、得点を獲得。
 インストはわりとすぐに終わります。
 でも、ですよ。遊び始めて、わりとすぐに気がつくのです。これは、ものすごいマネジメント力を要求されるゲームだと
 とにかく、すべての局面が悩ましいのです。
 いつ、どこにコマを配置するか。
 そして、いつ、どこからコマを、どの順番で回収するか。
 奥深いこと、この上ないです


f:id:sinden:20190413134811j:plain


 2人で1体1の真剣勝負を繰り広げたとき、3人でゆるく遊ぶとき、4人でタッグ戦に興じるとき。プレイ人数によって、ゲームの雰囲気は異なりましたが、やっぱり2人戦が、いちばん面白いのではないでしょうか。
 個人的には実質2人用ゲームと言っても良いなと感じました。
 シンプルながら奥深いとは、まさにこのゲームのこと。すぐに遊べ、いつまでも遊べられるゲームを探している方に、心からオススメしたいです


カルカソンヌっぽい。以上

シンプルだね

私の担当じゃない

まあ、そうね。ぺこらさんの好みからは、ちょっと外れるよね

良かったけどね。『カルカソンヌ』も『ジュエルディガー』を見習えばいいよ

えっ、『ジュエルディガー』の方が上なの?

上だよ!