雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

宝を目指して掘り進め『ピッケル』の感想

f:id:sinden:20190501191112j:plain
 ゲームマーケット2019大阪の新作『ピッケル』を遊びました。
 2人から4人で遊べるボードゲームです。


f:id:sinden:20190501191148j:plain


 作られたのは、専門学校日本デザイナー学院 九州校 ゲームクリエイター科の学生さんたちだそうです。授業のプログラムとして、実際にゲームを手がけ、学園祭でも人気の高かった作品をゲームマーケットに出展された様子です。


f:id:sinden:20190501191225j:plain


 けっこうコンポーネントが凝っていて、立方体の大きい箱のなかには、布製のボード。
 コマは3Dプリンタで作成し、タイルはアイロンビーズ。なかなかの力作です。


f:id:sinden:20190501191259j:plain


 ゲーム自体は、わりとシンプルで、巾着袋の中からタイルを引いて、マップに配置して、ボード中央に置かれた宝箱を目指します。
 今回は2人で遊びましたが、それぞれ一直線に宝箱へと続くようなタイルを置いていきます。


f:id:sinden:20190501191337j:plain


 手番順の問題から、ぺこらさんに先を越されるのではとも思いましたが、特殊カードを用いることで一気に加速!
 なんとか先んじてゴール、宝をゲットすることができました。


f:id:sinden:20190501191407j:plain


 特殊能力カードの一部は、こちら。
 山札からドローしたカードが、相手を妨害することが引ければラッキー。運が悪いと、自分が不利益をこうむるカードもあったりします。


 シンプルなデザインのゲームで、老若男女、気楽に楽しめることでしょう。


なんで箱の紙をひっくり返したんだろうね

なんでだろう……保管するときに、可愛く見せるため?

キャラクタはゆるキャラみたいで好きだったよ。コマがよく出来ていたよね

3Dプリンタで作ったらしいよ