雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

八王子『ボードゲームカフェぶれん』訪問レポート


f:id:sinden:20190505213015j:plain
 先日、八王子駅から徒歩10分、閑静な住宅街のなかにあるボードゲームカフェ『ぶれん』を訪ねました。
 いくつか写真を撮ったので、紹介させていただければと思います。

外観

f:id:sinden:20190505213053j:plain
 まずはビルの入り口。
 少し古めの建物でしたが、1階部分には看板も出ていて、すぐに分かりました。
 ちょうど雨が降り始めたタイミングでしたが、傘を必要とするほどでもなく、駆け込むことができました。


f:id:sinden:20190505213140j:plain


 階段下には「店内の様子です」と書かれたパネルがありました。
 3階まで階段を登ることになるので、初めて訪ねるひとは、ビルの薄暗い感じに抵抗感を覚えるかもしれませんが、こういう形で店内を見せてくれるのは嬉しいですね。


f:id:sinden:20190505213209j:plain


 階段を登っていると、何故か、ボードゲームの箱が置いてありました。
 こういうゲームが遊べますよというアピールなのでしょうか。わりと無造作に置いてあったので、盗まれないかちょっと心配になりましたが、八王子が平和な街であることを証明しているのかもしれません。


f:id:sinden:20190505213015j:plain


 3階まで階段を登り、お店の前に到着しました。
 元はバーかクラブなどだったのでしょうか。歴史を感じる重厚な扉です。

店内

f:id:sinden:20190505213238j:plain
 お店に入ると、先に受付するスタイル。
 秋山が訪ねたのは平日夜、仕事帰りでしたが1日遊び放題で1000円というのは安いなと感じました。
 以前はフードメニューもあったそうですが、現在、フードの提供はないそうです。


f:id:sinden:20190505213316j:plain


 こちらはレンタルできるゲーム棚。
 大箱は、ここ数年の定番が一通り揃っている感じでしょうか。
 と、思ったら、驚いたことに『Charterstone(チャーターストーン)』がありました
『ワイナリーの四季(ヴィティカルチャー)』や『サイズ -大鎌戦役-』を手がけたジェイミー・ステグマイヤーによる2017年のゲームです。レガシー要素を持つワーカープレイスメントで『パンデミック:レガシー』のように、ゲームを進めるごとに新しい要素が加わる形式です。
 日本語版がリリースされたら、絶対に遊びたいと思っているゲームのひとつです


f:id:sinden:20190505213347j:plain


 ゲーム棚をもうひとつ。
 先程『Charterstone』を見つけてしまったので、他にもレアなゲームがあるかも! と思って見ていたら、いやはや、けっこうありますね。
 目を引いたところでは、レジェンドではないクニツィアの『ブルームーン』。中々のレア度です。


f:id:sinden:20190505213416j:plain


 こちらはプレイスペース。
 広々とした空間に、木製のテーブルと椅子が並んでいます。
 都心から離れており、空間に余裕があるメリットが発揮されていますね

終わりに

f:id:sinden:20190505213440j:plain
 この日は11時過ぎまで遊ばせていただいて、おいとましました。
 自宅から少し距離があるので、そうそう伺えませんが、仕事で近くに立ち寄ったときは、遊びにいきたいですね。
 ちなみに最後の写真は八王子ラーメン。玉ねぎたっぷり!


飲み放題の缶ジュースが、懐かしいラインナップだったね

確かにね。まあ、今でも置いてあるスーパーには、置いてあるけれども

お店が、ちょっと奥まった通りの、しかも最上階じゃない。最初、どこにあるのかなあ、って思ったよ

迷いやすいひとは、迷うかもね

途中で雨が降り出して、大変だったよー

ぼくはギリギリセーフだった