雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ディズニーランドを楽しむためのマインドチェンジ


f:id:sinden:20190608002211j:plain
 自分のことを、本質的には内向的であると捉えている秋山です、こんにちは。
 他人と触れ合うことを避けるインドア気質であるが故に、ディズニーランドとは無縁の存在であると考えていました。今日は、その考え方を変えた話です。
 基本的には雑談ですが、ディズニーランドに対して消極的な彼氏を、連れ出すヒントも見つかるかもしれません。では、ゆるりとどうぞ。

前回までのあらすじ

 ひょんなことからディズニーランド・シーに行くことになってしまった秋山!
 その発端と、シーで体験したものやその感想については、こちら。

いざランドへ!

f:id:sinden:20190608002323j:plain
 せっかくディズニーランド・シーに来たのだから、せめて楽しまなければならないと考え、最大限に気合いをふりしぼった秋山ですが、シーを楽しんだ結果、ランドにも行きたいという主張を受け、3週間後に今度はランドを訪れることになろうとは思いもしませんでした……。
 と言うわけで、ディズニー再びと相成ったわけですが、シーでの反省を活かし、今回も楽しむべく前向き全力を出したのでありました。
 最初に結論を挙げると、ポイントは以下3つです。
(1)パレードやショーを中心に予定を組む
(2)アトラクションは演出よりも細部を楽しむもの
(3)なるべく並ばない
 さて、それでは行ってみましょう!!
 ちなみに行ったのは4月20日、スターライトパスを使って15時に入場しました。

イースターパレード「うさたま大脱走」

f:id:sinden:20190608002444j:plain
 最近は、繰り返し楽しめるコンテンツよりも、演者たちがリアルタイムに披露するショーへの関心度が高まっています。と言うわけで、最初に鑑賞したのは、4月4日から6月2日まで2ヶ月限定で開催された春のパレード「うさたま大脱走」です。
 始まる少し前に場所取りをして、落ち着いてゆっくり見られる環境を確保してパレードを楽しみました。
 賑やかな音楽を奏でながら、フロートという乗り物に乗ったミッキーやドナルドたちが踊る様子を観るのは、わりと楽しかったです。

ショー「ワンマンズ・ドリームⅡ - ザ・マジック・リブズ・オン」

f:id:sinden:20190608002611j:plain
 パレードを観終えるやいなや、トゥモローランド・ホールに移動し、次なるショーの自由席に滑り込みました。こちらは、12月13日に終了が告知されているショー。ミッキーマウスの誕生に始まり、ウォルト・ディズニー世界の変遷を再現したショー。


f:id:sinden:20190608002645j:plain


 これは抜群に良かったですね。
 モノクロで始まるオープニングから、いろんな作品の名シーンを舞台化したり、最後は大勢が出てきて歌ったり踊ったり、かなり豪華な感じでした

アトラクション「ピノキオの冒険旅行」

f:id:sinden:20190608003008j:plain
 ショーだけでなく、せっかくランドに来たのだからアトラクションにも乗りたいというぺこらさんのリクエストを受け選んだのは、短い待ち時間とストーリーや内装が楽しめそうという理由で「ピノキオの冒険旅行」。
 トロッコに乗って『ピノキオ』のストーリーを追体験できるもので、これもけっこう好みでした。

パレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」

f:id:sinden:20190608003050j:plain
 その後は、ディズニーランドの代名詞とも言えるエレクトリカルパレード。
 あの有名な音楽は聞いたことがありますが、実際に観るのは初めて、昼間のパレードと比較するとキラキラしていて豪華絢爛でしたね
 ちょっと失敗したのは、パレードの向きを勘違いしていて、入り口付近ではなく、出口付近を陣取ってしまったこと。待ち時間が長く、暗い中、震えながらパレードが辿り着くのは待ってしまいました。

アトラクション「ホーンテッドマンション」

f:id:sinden:20190608003152j:plain
 エレクトリカルパレードを観た後は、再びアトラクションにということで定番の「ホーンテッドマンション」へ。
 その昔、秋山家では、毎年年末はアナハイムのディズニーランドというのが定番で、小学生の頃は毎年のように行っていました。ぺこらさんは未体験ということに加え、待ち時間13分ということもあって「ホーンテッドマンション」にしました。これはトロッコが2人乗りというのもあってちょうどいい感じですね。

コンサート「カントリーベア・シアター」

f:id:sinden:20190608003224j:plain
 10分とは言え、待ち時間が苦痛になってきて、もう少しショー的なるものに触れたいと思い、次は「カントリーベア・シアター」。
 これは、リアルな体験ではありませんでしたが、機械仕掛けのクマたちが、ユーモラスにカントリーミュージックを奏でてくれて、個人的には充分に満足値が高かったです

ナイトタイムスペクタキュラー「Celebrate! Tokyo Disneyland」

f:id:sinden:20190608003330j:plain
 そして最後は、シンデレラ城をスクリーンに見立てた、巨大なプロジェクションマッピング。どんなもんじゃい? と思いながら観ましたが、写真の通り火は出るわ、花火は上がるわ、水も出るわで、なかなか凄かったです


f:id:sinden:20190608003259j:plain


 正面から観ることができれば、もう一段、感動値が高そうですが、待ち時間最適化を考えると、この立地はやむなしと言えるでしょう。

終わりに

f:id:sinden:20190608003408j:plain
 と言うわけで、ざっと6時間。駆け抜けるようにして楽しみました。
 結論としては総じて楽しかったですね。会社の福利厚生で1人1500円引きだったので、実質3900円でこれだけ楽しんだことになります。かなりお得なのではないでしょうか
 今日現在、既にイースターパレードは終了し、新たなパレードが始まっていますし、今回は見送ったランチショーやディナーショーの存在、シーで開催されているものを考えると年間パスポート89000円も、けして高いものではないかもしれません。
 つい1ヶ月前まで「ディズニー興味ない、行きたくない」と思っていたのに、たった1日で「年間パスポート安いのでは?」と思わせるの凄いですね。今日はそんなところで。


ふっふっ、ひゅっひゅっ、うさうさ、たまたま、逃げるぞ~

なに? ……ああ、うさたま大脱走の振り付けね。よく覚えてるね

覚えたよ! えっ、あっきー、覚えてないの?

ぼく、写真を撮るのに必死だったからね

ぺこら、隣のおじさんに負けないくらい踊ったよ

ぺこらさんの隣にいた男性の方、そのさらに隣の奥さんよりも、かなりディズニーを、本気で、楽しんでいたね

旦那さんがディズニーに誘ったんだろうね。行こうよ! うさたま! うさたまに行こうよ! って。いや、もしかしたら、年パスホルダーの方々なのかも。だから、位置取りもあそこだったんだよ。だいぶ良いとこだったよ

位置は良かったね。偶然、滑り込めてよかったね

その後の「ワンマンズ・ドリームⅡ」も良かったね。自由席、ほぼ最後だったね。途中でトイレに行ったり、チュロスを買っていたりしたら、間に合ってなかったよ

うさたま大脱走を、前半部分で見られたから、パレードが抜けると同時に移動できて、それでハシゴできた感じだったね

夜のプロジェクションマッピングも見れて良かったね。いや! でも、やっぱり寒かったね

SCRAPのマスターパーカーをお揃いで着ていったけれど、寒かったね。途中でブランケット買ったね。あれ、最後のひとつだっけ?

そうなの! 店員さんに聞いて案内して貰ったの!

もったいないから、また冬が近づいて寒くなったときに使おう

そうだね!