雲上四季〜謎ときどきボドゲ〜

本と涙と謎解きと、愛しさと切なさとボードゲームと

ポケモン映画とコラボしたリアル脱出ゲーム『ミュウツーの城からの脱出』の感想


f:id:sinden:20190703214904j:plain
 7月3日から始まりました、ポケモン映画『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』とコラボした、リアル脱出ゲーム『ミュウツーの城からの脱出』早速、遊んで来ました。
 スタンダードモードだけでなく、子ども向け難易度のファミリーモードもあり、ユーザーフレンドリーな公演でした。ネタバレには配慮していますが、気になる方は回れ右推奨です。

概要

 6名1組でテーブルを囲む、いわゆるホール型公演です
 様々な謎や暗号を解き明かすことでストーリーが進み、最終的にミュウツーの城から脱出することを目指します。
 東京ミステリーサーカスをかわきりに、日本全国で開催されるツアー公演です

ストーリー

あなたを前途有望なポケモントレーナーと見込んでパーティにご招待します。
誘われるまま、城にたどり着いたあなたを待ち受けていたのは、
最強を自負する伝説のポケモン、ミュウツー。
「この城から脱出したければ、お前の強さを証明してみせよ」
はたして、ミュウツーの本心とは…?
キミはすべての謎を解き明かし、ミュウツーの城から脱出することができるのだろうか

https://realdgame.jp/pokemon2019/

 映画『ミュウツーの逆襲EVOLUTION』に連なるストーリーとなっており、ポケモン世界に実在するポケモントレーナーのひとりになった気分になれる公演です

感想

f:id:sinden:20190703214936j:plain
 コラボ脱出は予習する派なので、今回は、劇場版1作目の『ミュウツーの逆襲』の他、20作目の『キミにきめた!』と21作目の『みんなの物語』を観てから臨むことにしました。
 さらに、ユニクロのUTコレクションがポケモンテーマということで、ポケモンTシャツまで購入するという気合いの入れよう!
 ポケモン愛は極限まで高まっていますし、これはもう失敗するわけがありません。成功、間違いありません!


……脱出失敗しました


 いやあ、残念ですね。
 途中までは、非常に良いペースで走り続けることができ、最後までトントン拍子で進むことができました。ポケモンならではのネタも発見することができて、ストーリーを楽しむ余裕までありました。


 にも関わらず失敗。


 敗因は思い込みかもしれません
 大謎を途中まで処理して、そこから先は自分の解釈で、違う処理をしてしまったのです。わりと、けっこう「これ以上のエレガントさはない!」と信じていただけに「脱出成功したチームは12チーム1チームだけ! そして、それは4番チームです!」と発表された瞬間、ちょっと呆然すらしました。
 うーん。
 確かに正答を聞いて「なるほど」と思いましたが、うーん、我々のチームが導き出した答えの方がエレガント……いえ、これ以上は、まあ、やめておきましょう。
 若干のしっくり来ない感はありますけれど、単なる負け惜しみです! 大謎までの流れは、非常に歯ごたえがあって子ども向けなんかではない、本気の謎解きで楽しかったです!!

オリジナルグッズ

f:id:sinden:20190703215046j:plain
 恒例の脱出成功失敗ステッカーの他、謎付きクリアファイルやオリジナルTシャツなどが1階のグッズコーナーで販売されていました。
 公演終了後のスタッフロールを見ていたら、グッズのところに足立結香さんの名前がありました。会場にもお越しになられていたので、直接、聞いてみたところ謎付きクリアファイルはすべて担当されたとのことで、ファンの方は要チェックです!

オリジナルフード

f:id:sinden:20190703215110j:plain
 1階のカフェyeloでは、オリジナルフードということで、ピカチュウのふわふわかき氷が販売されていました
 そろそろ暑い季節ですし、可愛らしいし、買おうかなと思ったのですが、なんとピカチュウの黄色がマンゴー味で表現されていたのです! ぺこらさんがマンゴー、苦手ということもあってそっと見送りました。

一緒に遊んだぺこらさんの感想

途中までは、上手く行っていたよね。我々的には、脱出方法も見えていたけれど、ちょっと違いましたね。正解は、違いましたね

まあ、SCRAPが考えたレールには乗ってなかったね。ところで、ぺこらさん、あの場面で、よくあれやりましたね

やったよ。ぺこーんってね! ところで、我々、端っこの席だったじゃない

そうだね

我々のテーブルのすぐそばにチェックポイントがあったじゃない。で、判定の声がけっこう聞こえちゃったんだよね。ヒント絶対見ない勢だったら、嫌がると思うよ

ああ、なるほどね。まあ、立地上、やむをえないのでは? それに、あのチェックポイント、中盤だし、それほど全体に影響はないでしょう。

会場を挟んで反対側のチームは、反対側のチェックポイントからの声が聞こえていたと思うよ。真ん中なら関係ないかもしれないけれど

そこらへんの運用は課題だろうね。まあ、でも、ほんとうに気にするならば、もうホール型を諦めるしかないような気がする。では、最後に……ポケモン!

行け! ピカチュウ!!

そこは「ゲットだぜ!」でしょ。ありがとうございました。

終わりに

 と言うわけで、ポケモン映画とのコラボ『ミュウツーの城からの脱出』の感想でした。
 メインの感想には書きませんでしたが、ファミリーモードは、ほんとうに、ちゃんと難易度が下げられていて、非常に秀逸だと感じました。
 小学生のお子さんがいらっしゃって、一緒に謎解きを楽しみたい方は、是非、お試しください。